エリアで見る「たびなが」エリアで見る「たびなが」

ホームホーム   > エリアで見る「たびなが」 > 県南エリア

県南エリア

  • 第28回 「水中考古学の宝庫」鷹島を訪ねて 2008年08月20日
    第28回 「水中考古学の宝庫」鷹島を訪ねて
    松浦市立鷹島歴史民俗資料館館内  長崎県北松浦半島の北西部に位置する松浦市。松浦は魏志倭人伝に「末盧(松浦)」と記され、古代から大陸と日本を結ぶ重要なルートになっていました。その北部、伊万里湾に位置し玄界灘に浮かぶのが鷹島です。東西5km、南北13kmのこの小さな島は「元寇」最後の決戦の地として有名な場所です。  鷹島が一躍有名になったのは、1980年(昭和55)に当時の文部省の特定研究に選ばれ、1982年(昭和57)から海底の沈没船の遺物調査と引き揚げ作業が本格的に始まったとき。それ以前にも壺や碇石などが引き揚げられていたので、この海底周辺が史実や記録に残る元寇の舞台ではないかと推定されていました。調査の結果、引き揚げられた遺物には元寇当時の中国製の壺やカメが多くあり、また地元の人の手によって元軍が使用した青銅印(管軍総把印)も発見されました。そこで鷹島南岸海底は遺跡として登録され、発掘調査が行われるようになったのです。 松浦市立鷹島歴史民族資料館館外  鷹島周辺の海底には、今もなお、元軍の巨大船団と大軍の大半が沈んでいます。海底から引き揚げられた数多くの元寇遺物は保存され、現在、元寇時代のものと裏づける科学的調査がすすんでいます。今回の歴史散歩は、今や日本屈指の水中考古学の"宝庫"として注目を集める鷹島を訪ねてみることにしました。 歴史のとびら  元(蒙古)のフビライは、1274年(文永11)と1281年(弘安4)の2度にわたり日本遠征を行いました。鷹島に元の大軍が襲来したのは「弘安の役」の時です。元と高麗が連合した東路軍と元と旧南宋が連合した江南軍が、2つのルートから約4400隻、総勢約14万人という大船団を組み押し寄せたといわれています。  しかし、元軍は鷹島で壊滅的な打撃を受けることになります。その原因は後年日本で「神風」と呼ばれた大暴風雨で、一説によれば付近を通過中の大型台風であったともいわれています。勢いに乗った鎌倉幕府軍は、鷹島で元軍の掃討戦を展開していますが、この時、『蒙古襲来絵詞』に描かれている肥後国の御家人 竹崎季長(たけざき すえなが)も鷹島に渡っていたのです。 散歩コース スタート地点までのアクセス ◎所要時間のめやす:車で約48分 img/sub/map_point2.gif' alt='2' />2牧ノ岳(まきのたけ)史跡公園 ↓車で約3分 img/sub/map_point4.gif' alt='4' />4鷹島モンゴル村 1松浦市立鷹島歴史民俗資料館と松浦市立鷹島埋蔵文化財センター 長崎県松浦市教育委員会蔵  鷹島には「松浦市立鷹島歴史民俗資料館」と「松浦市立鷹島埋蔵文化財センター」という隣接する2つの施設があります。ここは海底に眠っていた元寇の遺物を保存・公開している施設です。  松浦市立鷹島歴史民俗資料館には、海底の中から発見された引き揚げ遺物のほか、収集された考古学や民俗学の資料などが展示されています。主なものに元寇遺物、青銅印、壺、陶磁器片、石製品、鉄製品、てつはう(陶製弾)、剣などがあります。 松浦市立鷹島埋蔵文化財センター館内  いっぽう隣の松浦市立鷹島埋蔵文化財センターでは、引き揚げられた遺物の調査・研究・保存処理が行われています。この研究には考古学・日本史学だけではなく、電子工学、海洋学など、学問の領域を越えて多くの研究者が参加しているそうです。センターでは元寇船の大型木製碇や木製船体片群などに脱塩酸処理を施し、保存処理の作業が行われています。引き揚げられた木片群は、その後の調査・研究で中国南部原産の楠が多いことが判明し、年代測定で元寇当時に使用された元船とほぼ特定されました。 長崎県松浦市教育委員会蔵  松浦市立鷹島歴史民俗資料館の担当者にお聞きしましたら、来年春の「鷹島肥前大橋(仮称)[佐賀県唐津市肥前町−長崎県松浦市鷹島石川]」開通にあわせて、大型木製碇を一般公開するよう準備を進めているそうです。さらに詳しい調査・研究が進めば、鷹島は今後ますます「水中考古学の宝庫」として、目が離せない存在になることでしょう。 2牧ノ岳(まきのたけ)史跡公園  牧ノ岳は標高117mで鷹島では一番の高い場所にあり、島全域と四方をとりまく海を一望することができます。ここは牧ノ岳史跡公園として整備され、元寇の由来を記した石碑と五輪塔が建っています。 3開田(ひらきだ)の七人塚  文永の役の元寇で元軍が鷹島に侵入した際、鷹島の開田の山中に人目につきにくい1軒屋がありました。そこには8人家族が住んでいましたが、その家で飼っていたニワトリが鳴いたため、元軍の兵士に見つかり7人が殺され、灰だめに隠れていた老婆がひとりだけ助かったという伝説が残っています。それ以来開田では「ニワトリを飼わなくなった」とも伝えられています。現在開田には犠牲になった7人をまつった塚が建てられています。 4鷹島モンゴル村  鷹島は「鷹島モンゴル村」がある風光明媚な島としても有名です。弘安の役では鷹島は蒙古軍と鎌倉幕府軍の決戦の舞台となりましたが、平成の現在では、鷹島とモンゴルの交流が深まり、カラコルム地方のホジルト市と姉妹都市の関係にあります。鷹島モンゴル村には、モンゴルから取り寄せた30棟のゲルの宿泊施設や温泉センターなどがあり、特産品でもある鷹島のとらふぐを味わうことができるレストランもあります。 〔文:小川内清孝 / 取材協力:松浦市立鷹島歴史民俗資料館〕 スタート地点までのアクセス 松浦市立鷹島歴史民俗資料館 所在長崎県松浦市鷹島町神崎免151 お問い合わせ  TEL0955-48-2744 開館時間9時~17時 休館日毎週月曜 年末・年始 料金一般 300円(10名以上の団体230円)  小・中・高生 140円(10名以上の団体110円 松浦市今福港 ↓(フェリー所要時間約40分) 鷹島殿ノ浦港 ↓(車で約5分) 佐賀県星賀港 ↓(フェリー所要時間約10分) 鷹島日比港 ↓(車で約7、8分) 松浦市立鷹島歴史民俗資料館 2009年3月から佐賀県唐津市肥前町と長崎県松浦市鷹島町石川(いしごう)間に鷹島肥前大橋(仮称)が開通予定です。 松浦市立鷹島埋蔵文化財センター 所在長崎県松浦市鷹島町神崎免151 お問い合わせ  TEL0955-48-2098 アクセス松浦市立鷹島歴史民俗資料館と隣接。
  • 第19回 深堀の城下町と善長谷教会 2008年01月09日
    第19回 深堀の城下町と善長谷教会
    〜禁教令に従う佐賀藩とキリシタンの里「善長谷」〜 歴史のとびら  長崎市の南西部に位置する深堀地区は、城下町の佇まいを残す風情ある港町です。海に恵まれた地の利を活かし、その昔から、往来する貿易商人との交流がおこなわれていました。  深堀の歴史は古く、縄文時代から生活が営まれていたことが、貝塚など遺跡の発掘調査によって確認されています。  "深堀"という地名の誕生は鎌倉時代にさかのぼります。上総国の (現・千葉)の三浦仲光は、承久の乱(1221年)で鎌倉幕府方として活躍した褒美に、この肥前国彼杵庄戸町浦(現・深堀)を拝領しました。地頭職として赴任し、姓・町名ともに深堀と改名。その後、有馬氏から西郷氏、鍋島氏の支配下へと移行したものの、初代仲光から32代にわたります。  江戸時代、深堀は佐賀藩に取り込まれ、鍋島の姓に改名。6千石の家老職として勤める佐賀藩鍋島氏となり、居城を中心に武家屋敷などを整備した新しい城下町としての深堀を形成していきました。  佐賀藩鍋島は、諫早、神代(国見)、深堀を領地とし、外海の出津・黒崎・三重にも飛び地が存在していました。徳川幕府の禁教令によって、キリシタン弾圧がさらに厳しさを増していくなか、大村藩が支配する「内海」と呼ばれる大村湾周辺の厳しい監視から逃れるために、1823年、外海の三重東樫山に暮らしていたキリシタン6家族が新天地を求めて海を渡り脱出しました。彼らは、マリア観音やメダイを隠し持ち、旅芸人を装って善長谷へ移住したそうです。菩提寺の檀家となりながらも、ひそかにキリスト教の信仰を守り続けました。 散歩コース スタート地点までのアクセス ◎所要時間のめやす:約4時間 img/sub/map_point2.gif' alt='2' />2深堀義士の墓 ↓ 徒歩で約30秒 img/sub/map_point4.gif' alt='4' />4五官の墓 ↓ 徒歩で約60分 or 車で約10分
  • 旧石器時代から弥生時代まで 2010年06月23日
    旧石器時代から弥生時代まで
    旅する長崎学オリジナル年表の【旧石器時代から弥生時代まで】を確認する