26聖人殉教、島原の乱から鎖国へ

ホーム > 旅する長崎学ガイドブック > キリシタン文化編 > 26聖人殉教、島原の乱から鎖国へ

長崎県企画 旅する長崎学


キリシタン文化編3「26聖人殉教、島原の乱から鎖国へ」


秀吉のキリシタン政策によって起きた西坂での二十六聖人殉教。キリシタン信仰を団結のよりどころとする一揆軍と徳川幕府との間に起きた島原の乱。禁教、国外追放、殉教、拷問・・・。キリシタンの歴史は一変、受難の時代をむかえた。そして、鎖国が形成されるなかで、布教と貿易は切りはなされ、長崎は、町人たちが独自のシステムをつくりあげ、自治組織によって動かされる町となった。

旅する長崎学3 キリシタン文化III 26聖人殉教、島原の乱から鎖国へ 目次

[巻頭特集]秀吉はなぜ26人のキリシタンを処刑したのか
第1章 殉教事件の引き金となった運命の船サン・フェリペ号
第2章 処刑地「長崎」へとむかうキリシタンたち
第3章 26人はどんな人物だったのか
第4章 1597年2月5日正午、長崎で殉教
第5章 聖人に列せられた26人の殉教者
●寄稿 結城了悟「夢は現実となった - ブロンズ像制作と記念館計画」
第6章 二十六聖人の記念碑と記念館
●浦上街道を歩く
●寄稿 渡辺千尋「二十六聖人が歩いた道をたどって」
[特集II]徳川幕府と天領長崎の貿易と宗教
第1章 徳川幕府の貿易政策がもたらした長崎の繁栄
第2章 禁教に拍車をかけた2つの事件
第3章 元和の大殉教 再び血に染まった祈りの丘
第4章 受難の時代を生きたキリシタン 長崎十六聖人と金鍔次兵衛
第5章 雲仙地獄の拷問 そして絵踏みは始まった
第6章 命がけの布教活動 弾圧される各地のキリシタン
[特集III]幕府をゆるがせた123日 - 島原の乱
第1章 島原の乱はなぜ起こったのか
第2章 幕府軍vs一揆軍 決戦までの88日間の攻防
第3章 一揆軍の総大将 天草四郎 生まれは長崎!?
第4章 全滅した村の再興 幕藩体制は不動のものに
第5章 本丸跡の発掘調査が語る 天草四郎最期の家はここだ!
第6章 島原の乱とキリシタン遺物 十字架に結束誓った一揆軍
●原城とその周辺を歩こう!!
●寄稿 松本慎二「原城発掘から島原の乱を再考する」
[特集IV]外交都市長崎 - 「キリシタンの町」から「町人主役の町」へ
第1章 悲運の長崎代官 村山等安と末次平蔵
●寄稿 原田博二「鎖国以前の長崎の支配体制」
第2章 長崎の統治と町人による自治
第3章 出島の築造 鎖国体制の完成へ

巻頭特集 特集II
[巻頭特集]秀吉はなぜ26人のキリシタンを処刑したのか
  1597年2月5日、長崎西坂の丘で日本人20人、外国人6人のキリシタンが十字架にかけられ処刑された。日本で最初の大殉教はなぜおきたのか。
[特集II]徳川幕府と天領長崎の貿易と宗教
 1600年代初期、徳川幕府は貿易で莫大な富を得るため、キリスト教布教に寛大だった。しかし、布教を貿易の条件とするポルトガルとの間に軋轢が生じ始め、幕府は増え続けるキリシタンに脅威さえ抱くようになった。禁教、国外追放、殉教、拷問 - 。華やかなキリシタンの歴史は一変、受難の時代を迎えた。
特集III 特集IV
[特集III]幕府をゆるがせた123日 - 島原の乱
  島原・天草の領民約3万7000人(約2万7000人ともいわれる)が、島原半島の原城に立てこもった「島原の乱」。幕府軍の総攻撃により、老若男女の別なく皆殺しという凄惨な結末を迎えた。
 乱の最後の舞台となった原城は徹底的に破壊された。
[特集IV]外交都市長崎 - 「キリシタンの町」から「町人主役の町」へ
  長崎港の開港とともに、キリシタンのまちづくりが始まり、南蛮貿易で栄えてきた長崎。しかし、時は流れ、日本が鎖国に至る過程には、キリシタンに対する幕府の警戒感がベースにあった。
 鎖国体制が形成されるなかで、キリスト教布教と貿易は切りはなされた。
 長崎の町人たちは、独自のシステムをつくりあげ、より長崎らしさを際立たせていく。

アンケート

コメント