近代友好への道

ホーム > 旅する長崎学ガイドブック > 海の道編 > 近代友好への道

長崎県企画 旅する長崎学


海の道編VII 中国交流編「近代友好への道」


長崎と中国は古くから海を介して交流をつづけ、固い友情は海を越えた。
その絆が現代の長崎の街に、人に、深く根づいている。
いま、先人たちの思いに心を寄せ、その足跡をたずねてみよう。

旅する長崎学17 海の道VII<中国交流編>近代友好への道 目次

老朋友 友好の証 長崎に蒔かれた「種」
長崎と中国の絆 老朋友のシンボル「孔子廟」
華僑の子どもたち 80余年の伝統 時中小学校に学ぶ
孔子廟のここがみどころ 7つの基礎知識からエピソードまで
故宮の宝が集まる中国歴代博物館「国宝級」文物が友好を物語る
中国歴代博物館のここがみどころ 鑑賞するポイント
孫文と辛亥革命と長崎
海を越えた友情物語 孫文と梅屋庄吉
孫文の革命を支えた長崎人たち 博愛の精神が結ぶ絆
◆寄稿コラム 藤泉(長崎県参与)「梅屋庄吉・トクと長崎」
華僑が生きる街 長崎
唐人屋敷から大浦居留地、広馬場、新地へ
長崎名物ちゃんぽん誕生秘話
モダンな街・長崎 上海発の流行が真っ先に入ってきた
長崎の魅力を絵はがきで発信 観光客が外国に送った街の風情
身近になった世界都市上海 航路開設と長崎の港
「上海ドリーム」を求めた長崎人たちの商魂
全国に先駆けて築いた友好関係 動乱の時期も華僑と手を携えて
◆インタビュー 李文亮(中華人民共和国駐長崎総領事館総領事)
ルーツは中国 長崎文化の再発見
長崎くんちにみる中国色 ゆかりの奉納踊りも
春の訪れ祝うランタンフェスティバル 中国風習の由来を探る
ダイナミックな中国盆 霊を温かくもてなす
船が運んだ中国の音色 長崎生まれの明清楽のルーツ
長崎歳時記 月の暦で過ごす
これぞ長崎流! 暮らしに息づく中国文化いろいろ
新地中華街のここがみどころ 風水で守られた中国風情漂う街角
◆日中文化比較座談会 自然豊か!食べ物おいしい!長崎大好き!
ガイドマップ:長崎の中国を歩く
年表:長崎県と中国の友好交流のあゆみ

巻頭特集 特集2
近代化・西洋化の波が押し寄せるなかで、日本と中国の二つの国はさまざまな時代を乗り越えてきた。新たな中国の時代を切り拓こうと志を掲げた孫文は、民衆を導き辛亥革命をなしとげた。それを支えた長崎人たちがいたことはあまり知られていない。 長崎華僑は中国福建省の出身者が多い。かれらは主に料理店を営み、長崎名物ちゃんぽんを生み出し、長崎市民に親しまれる味に育て上げた。華僑が長崎と中国との友好関係に果たした役割は大きい。彼らは中国の文化や慣習をもたらし、長崎の土地に合うように育んできた。華僑を取りまく歴史を見つめる。
特集3  
夏のペーロンや中国盆、秋は長崎くんちの龍踊りなど、そして冬にはランタンフェスティバル。長崎の四季を中国色豊かな風情が彩る。唐人屋敷跡や新地中華街をはじめ、歴史を礎とする長崎の街を歩くと、中国ルーツの長崎文化に出会うことができる。中国との交流の歴史が満載の長崎歳時記を紹介する。  

アンケート

コメント