たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   キリシタン

2月5日〜日本26聖人殉教の記念碑と聖フィリッポ教会を訪ねて〜

〜日本26聖人殉教の記念碑と聖フィリッポ教会を訪ねて〜

日本二十六聖人記念碑(長崎市・西坂公園)

 1597年2月5日、長崎の西坂の丘で十字架にかけられて殉教した日本人20人と外国人6人のキリシタン。彼らは豊臣秀吉の命によって京都と大坂・堺で捕らえられ、処刑地となる長崎までのおよそ千キロの道のりを約一ヶ月かけて裸足で歩かされました。なかには、フィリピン総督の使節として来日し京都で教会を建てるなど熱心な布教活動をおこなったペドロ・バプチスタや、12歳のルドビコ茨城、14歳のトマス小崎といった日本の幼い少年たちもいました。

 この大殉教事件は、ポルトガルやスペイン、メキシコやヨーロッパなどにも伝えられ、大きな反響を呼びました。そして、日本ではまだキリシタン迫害が続く1862年、彼らは教皇ピオ9世によってローマで聖人に列せられたのです。さらに列聖から100年後の1962年、殉教地の西坂の丘に記念碑と記念館が完成しました。
今回は、二十六聖人が殉教した日に思いを寄せて、西坂公園にある二十六聖人のレリーフ、聖フィリッポ教会堂を訪ねてきました。2月3日(日)に、長崎市で行われた「日本26聖人殉教記念ミサ」の様子もご紹介します。

日本二十六聖人殉教記念ミサの模様

 通常、この記念ミサは西坂公園の広場でおこなわれますが、今年はあいにくの雨に見舞われ、歩いて5分ほどのところにあるカトリック中町教会(長崎市)へと会場を移しておこなわれました。
当日は、教会堂に入ることができないほどの参列者であふれ、入口の扉を開放したまま、鐘の合図でミサがはじまりました。二十六聖人への賛歌が教会堂に響き、祈りが捧げられました。

 では、殉教事件の歴史の舞台となった西坂の丘をご紹介しましょう。

西坂の丘にある二十六聖人の記念碑

二十六聖人記念碑(長崎市・西坂公園)

 西坂公園にある二十六聖人の記念碑は、日本を代表する彫刻家・舟越保武(1912-2002)が制作に約4年の歳月を費やして完成させたものです。
長崎港に向かって手を合わせて1列に並んでいます。ところが、よく見てください。聖ペドロ・バプチスタと聖パウロ三木の像はポーズが違います。2人だけ両手を広げています。舟越さんは「この2体だけは下の方に視線を向けさせ、観る人と視線が合うことによって、その人の心を上へと引き上げてくれるようにした。26体を人間の身体にたとえるならば、このふたりはその眼に相当するものである。」と解説しています。では、二十六聖人記念碑の写真をクリックしてみましょう。左が聖ペドロ・バプチスタで右が聖パウロ三木です。舟越さんは2002年、偶然にも二十六聖人が殉教を遂げた日と同じ"2月5日"に他界しました。

復レリーフ「長崎への道」

レリーフ「長崎への道」(二十六聖人記念碑の裏側)

 記念碑には裏面があります。これは「長崎への道」と題して、今井兼次さんが制作しました。レリーフ全体は、二十六聖人が歩いた京都から大坂・堺、長崎までの長く苦しい道のりを現しています。

 よく見ると十字を刻んだ丸い石がいくつも寄せ集まっています。一体これにはどんな意味があるのでしょうか?

 これは、十字架にかけられた26人の尊い命を、聖書から引用した葡萄の実にたとえています。26個の葡萄の実をつけたひとつの房は"京都"の位置に埋め込まれ、"長崎"の位置にくると金の十字架だけが一枚の石板に刻まれています。葡萄の丸いカタチの実態が消えて、十字架だけが残った…。26人が信仰を守って殉教したというストーリが読み取れます。

聖フィリッポ教会

聖フィリッポ教会

 西坂公園の向かいにある教会は、二十六聖人のひとりでメキシコ人の聖フィリッポ・デ・ヘススに捧げて建てられたものです。この教会を見て、「なんだかスペインの建築家ガウディが設計したものを連想させるなぁ。」と感じた人も多いのでははでしょうか。それもそのはず、聖フィリッポ教会と記念館を設計した建築家の今井兼次さん(1895-1987)は、いち早く建築家ガウディの存在を日本に紹介した人なのです。教会堂の双塔には、京都・長崎・メキシコ・スペインの各地の窯元で焼かれたタイルが貼られています。写真をクリックしてみましょう。塔の拡大写真を見ることができますよ。

 記念ミサの当日は冷たい雨が降っていました。鞭打つような冬の寒さと肉体にかかる苦痛をかみしめながら長く苦しい道のりを歩いた26人の姿はどのような思いだったのでしょうか。そして彼らの道行きや殉教を見た人々は、それをどのように受け止めたのでしょうか。そんな400年以上も前のできごとに思いを馳せながら、西坂の丘から長崎港に入ってくる船を眺めて時を過ごした2月5日でした

 当サイトのながさき歴史散歩 第11回「二十六聖人が歩いた浦上街道」もご覧ください。

参考文献
  • 「旅する長崎学3 キリシタン文化3」 26聖人順境、島原の乱から鎖国へ
    企画/長崎県 制作/長崎文献社 2006年


うんちくバンク

人物
  • ペドロ・バプチスタ
歴史事件
  • 島原の乱から鎖国へ
資料
    場所
      その他
      • 浦上街道

      アンケート

      コメント