たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   近代化に向けて

島原藩

島原半島地図 関ヶ原の戦いで東軍(徳川家康軍)に参加し、本領を安堵された有馬晴信(ありまはるのぶ)が、島原藩の初代藩主となりました。有馬晴信は熱心なキリシタン大名で、天正遣欧使節をローマに派遣するなど、島原藩にキリシタン全盛期をもたらせました。
しかし、2つの事件をきっかけに、幕府のキリシタンへの不信感が募ることとなります。ついには「島原の乱」が発生し、乱後の処理によって島原藩は大きく変わっていきます。
幕末にかけて、島原藩はどのような変化を遂げていったのでしょうか・・・。


ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件と岡本大八事件

1609年(慶長14)、有馬晴信の朱印船がマカオに寄港した際、晴信の家臣を含む日本人はポルトガル船の船員と口論になり、暴動を起こしてしまいます。当時マカオでポルトガル貿易の指揮をとっていた長官は、暴動解決にあたりますが、結果的に多数の日本人が殺害され、積荷を略奪されるという事件に発展しました。
家臣を殺害された有馬晴信は、翌年、長崎沖まで来たノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号を、長崎奉行・長谷川左兵衛藤広らとともに30隻の船で包囲しました。幕府の報復処置の命令もあったことから捕獲しようとしましたが、ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ号は火薬庫に火を放ち爆沈してしまいました。

この事件で、徳川家康の側近・本多正純の近臣であった岡本大八(おかもとだいはち)は有馬晴信の目付役として同行しており、晴信に対し有馬氏の旧領地であった肥前の一部を与えると偽の辞令書を無断で与えました。そして大八は、晴信から本多正純への口利きの謝礼として、多額の金品や資金を受け取りました。しかしなかなか旧領地の恩賞の通達がないため、晴信は直接本多正純に面会し催促したところ、収賄事件として発覚したのです。大八は火刑に処されることになりましたが、牢内で「晴信が長谷川左兵衛藤広の暗殺を企てている」と訴えました。嫌疑をかけられた晴信は身の潔白を証明することができず、斬首となってしまいます。
この事件で処刑された晴信と大八は二人ともキリシタンであったため、幕府はキリシタンへの不信感が高まりました。

有馬直純の天封、島原の乱

有馬晴信の子・有馬直純(なおずみ)が晴信の跡を継ぎます。直純は、キリシタンであった小西行長の姪と結婚していましたが、家康の曾孫である国姫と再婚しています。後見人の長崎奉行・長谷川とキリシタン嫌いだった国姫が結託して、キリシタンへの迫害は強化されましたが効をなさず、1614年(慶長19)、直純は宮崎県の日向に領地を移されました。その後1616年(元和2)に松倉重政(まつくらしげまさ)が入るまで、島原は幕府の直轄地とされました。

島原城

松倉氏は、一国一城令により日野江城(ひのえじょう)と原城を廃し、1618年(元和4)から島原城(森岳城)と城下町を新たに築きます。領民に重税と労役を課し、7年もの歳月をかけて立派な城を完成させました。領民にはキリシタンが多く、当初はキリスト教布教を黙認していた松倉氏でしたが、徳川家光から叱責され、一転して厳しい迫害を始めます。
雲仙地獄もキリシタンの拷問に利用されました。信仰を棄てさせるためにすぐには殺さず、煮えたぎる熱湯を使ってじわじわと長い苦痛を与えたといわれています。
松倉重政の死後、後を継いだ松倉勝家(まつだいらかついえ)はさらに重税を課し、連年の凶作にもかかわらず、領民から強引に年貢を取り立てました。口之津の庄屋の妊婦を拷問死させたことなどから、あまりのことに憤慨した領民らが島原半島南部の村々の代官を次々と襲いました。これが島原の乱のきっかけといわれています。
(「島原の乱」を詳しくみる )

松倉勝家は、島原の乱の責任を問われ、領地を没収され斬首となりました。幕府は、島原の乱を機にキリスト教布教の禁止、密告制によるキリシタン摘発など、さらに取り締まりを強化し、イエズス会との結びつきが強かったポルトガルとの交易を断絶、九州大名による長崎港の警備を強化することで、鎖国を完成させていくことになります。

原城跡(櫓台石垣跡上からの見晴らし) 日野江城跡
原城跡(櫓台石垣跡上からの見晴らし) 日野江城跡

島原の復興

幕府は、遠江国浜松城主の譜代大名(関ヶ原の合戦以前からの徳川家家臣で、幕府の要職に就いた大名)・高力忠房(こうりきただふさ)を島原藩主としました。高力氏は島原の乱後の処理を中心に、長崎警固の責務を受け持つこととなりました。また九州は外様大名(譜代大名に対し、関ヶ原の合戦以降に徳川氏に帰属した大名)が多かったため、各藩の監視役を兼ねていたともいわれています。高力氏は近隣諸藩から農民を移住させ、特に荒廃が著しい島原半島南部の農村復興につとめました。しかし、1655年(明暦元)に忠房が京都で客死すると、子の高長(たかなが)が藩主となります。しかし、藩財政のために農民への課役を強いたため、高力氏は領地や知行を没収される結果となりました。
その後幕府は、1669年(寛文9)に丹波福地山城主である松平忠房(まつだいらただふさ)を島原藩主に任命しました。この時から豊前国宇佐郡と豊前国東郡から約2万石が加増され、島原藩の財政が強化されました。


松平忠房(まつだいらただふさ)

松平忠房は、検地を実施し、村役人を整備して農村の掌握をおこないました。また好学で、文武振興にもつとめたそうです。和漢・軍学・武術・和歌・俳諧と幅広く学んでおり、儒学者であった林羅山の子・林鵞峰(はやしがほう)や譜代大名・榊原忠次(さきばらただつぐ)などと交遊が深かったといわれています。
さらに忠房は、多くの蔵書・写本を収集しており、今日残っているだけでも3,000部、1万冊に及んでいます。これらの蔵書は、今日「松平文庫」とよばれており、神道や仏教、儒教、歴史、地理、政治、経済、教育、風俗、医学、自然科学、産業、芸能、武道、和歌、漢詩など多種多彩に揃っています。
1793年(寛政5)に松平忠馮(ただより)が藩校「稽古館」を開設すると、学生たちもこの松平文庫を閲覧し勉強できたそうです。


島原大変

1749年(寛延2)、当時の藩主・松平忠刻(まつだいらただとき)は、参勤交代のために江戸に赴く途上で急死しました。子である忠祗(ただまさ)が12歳の若さで家督を継ぎますが、下野宇都宮藩の戸田忠盈(とだただみつ)と交代するかたちで宇都宮に移ります。忠祗の弟の忠恕(ただひろ)が家督を継承すると、1775年(安永4)に再度戸田氏と交代し、島原藩に戻ってきました。

島原城や観光復興記念館には島原大変の資料があります
島原城や観光復興記念館には島原大変の資料があります。

1792年(寛政4)、雲仙普賢岳が噴火し、その後眉山が崩壊し大量の土砂が島原の街を通って有明海へ向かって流れ落ちました。この災害は「島原大変」とよばれ、この時の死者は約5,000人といわれています。さらに有明海に流れ落ちた土砂の衝撃によって発生した高波が、島原の対岸の肥後国天草に襲いました。これを「肥後迷惑」とよんでいます。また肥後の海岸で反射した返し波が再び島原を襲いました。津波による死者は約1万人といわれています。

当時の藩主・忠恕は被災地の巡視をおこないましたが、心労が重なり逝去、後を継いだ忠馮(ただより)は領民の救済のため、江戸幕府から1万2,000両を借用しました。

櫨の果皮を粉にして蒸し、蝋船で圧縮し蝋液を絞り出していました
櫨の果皮を粉にして蒸し、蝋船で圧縮し蝋液を絞り出していました。

この返済に役立ったのが、櫨(はぜ)の実でした。島原藩では以前から櫨の木を植林し製蝋(せいろう)を奨励していました。製蝋は島原藩の重要な産業のひとつだったのです。1804年〜1830年(文化・文政期頃)には櫨の値段が下落しましたが、1843年(天保14)には3,000両ほどの利益を得たといいます。また島原藩の蝋は、厳格な検査をおこなっていたので商人の信用もあり、他藩製の蝋よりも高額で販売されていたそうです。


島原藩校「稽古館」、「済衆館」

稽古館跡
稽古館跡

松平忠房以降、松平氏は学問に積極的に取り組んでおり、忠恕は藩校創設の意図をもっていたといわれています。しかし島原大変により実現はできませんでした。忠恕の後を継いだ忠馮が、父・忠恕の遺志を引き継ぎ、1793年(寛政5)に藩校「稽古館(けいこかん)」の創立に踏み切りました。現在の島原市先魁(さきがけ)町の地にあたります。

1834年(天保5)、忠侯(ただこれ・ただよし)のときには拡充され、学生増加を奨励し、さらに医学校「済衆館(さいしゅうかん)」を創設しました。済衆館の医学はもともと稽古館の学科の中に含まれていたものですが、医学校兼病院済衆館として独立開校したものです。藩医・医学生に限らず、領内の開業医も随時入校し、研修を受けることができたといいます。
済衆館では、藩医・市川泰朴(いちかわたいぼく)が、1844年(弘化元)に同じ藩医・賀来佐之(かくすけゆき)の協力のもとに死体解剖をおこなっています。その際、絵師に描かせた人体解剖図が貴重な資料として島原城に保存・展示されています。

旧島原藩薬園跡
旧島原藩薬園跡

賀来佐之は、豊前国宇佐郡出身でシーボルトの鳴滝塾に学び、1843年(天保14)に島原藩医に招かれました。薬園開設の命を受け、済衆館の庭園に薬草類を栽培しました。しかし、栽培するには土の条件が悪く、土地も狭かったため、1846年(弘化3)に雲仙岳のふもとに薬草類を移しました。これが現在残っている旧島原藩薬園跡です。


旧島原藩薬園跡
旧島原藩薬園跡

小藩の薬草園とはいえ、全国的にも稀にみる遺構をとどめた史跡であることから、1929年(昭和4)に日本三大薬園跡として国の史跡指定を受けています。あとの2園は奈良県の森野旧薬園と鹿児島県の佐多旧薬園です。


現在の旧島原藩薬園跡では、薬草を身近なものとして親しんでもらえるよう、薬用植物を栽培し、薬園を再現しています。気軽に立ち寄って薬草の効果を学んだり、旬の薬草を使った薬草料理を作って味わう体験もできます。詳しくは島原市教育委員会へお問い合せください。(TEL:0957-68-5473)


参考資料


歴史散策「島原城下町」

石田城(福江城)跡五島氏庭園・心字が池
■武家屋敷・武家屋敷水路
島原城の築城とともに形成されました。中央を流れる清水は熊野神社を水源とし、飲料水として使われ、水奉行によって厳重に管理されていました。現在、保存されている武家屋敷は、山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒で一般に無料開放されています。

島原城
島原城
松倉重政藩主時代に7年の歳月をかけて築かれました。明治に入り、城壁だけを残して解体されてしまいましたが、1960年(昭和35)以降復元されました。
鯉が泳ぐまち
鯉が泳ぐまち
アーケードすぐそばの水路には鯉が放流されており、住民の皆さんの管理の下「鯉の泳ぐまち」を形成し、道行く人々の目を楽しませてくれます。
白土湖
白土湖
1792年(寛政4)の島原大変時、噴火の時に陥没してできたといわれています。清水がこんこんと湧き出て、水の都のシンボルともなっています。

周辺散策地図

武家屋敷通り 島原城 鯉が泳ぐまち白土湖


アンケート

コメント