たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

長崎くんち

〜フォトアルバム〜

 10月7日(日)から9日(火)の3日間、長崎の秋を彩る諏訪神社の例大祭「長崎くんち」がおこなわれました。7日に諏訪神社の本宮から、諏訪・住吉・森崎の三体の御神輿が、お旅所(大波止)に設置された仮宮へ下る「お下り」。9日には諏訪神社の本宮へと戻る「お上り」。この3日間におこなわれる「奉納踊」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 奉納踊の起源は、1634年(寛永11)に遊女の高尾と音羽の2人が、神前で舞を奉納したのがはじまりといわれています。ちょうど出島の築造が始まったのと同じ年のできごとでした。飾りや衣裳・山車などは時代を反映し、華麗で国際色豊かな長崎の祭りとなりました。

 それぞれの踊町(おどりちょう)に出番が巡ってくるのは7年に1度。諏訪神社・お旅所・公会堂前広場・八坂神社などで踊りを披露しながら、各踊町は「庭先回り」として日頃お世話になっている会社などをまわり、玄関先で踊りを呈上します。町を歩くと、この庭先回りに遭遇し、町全体がおくんち一色の熱気にあふれています。だしものに魅せられて、お気に入りの庭先回りについて行く"追っかけ"も登場するほどの賑わいです。

 今年の踊町とだしものは、それぞれ町のプラカードといえる"傘鉾"を先頭に、八幡町の弓矢八幡祝い船と剣舞、麹屋町の川船、西濱町の龍船と本踊、興善町の本踊、万才町の本踊、五嶋町の龍踊、銀屋町の鯱太鼓の7町です。今回は、長崎っ子が熱くなったくんちの模様をお伝えするフォトアルバムをお楽しみください。



うんちくバンク

人物
    歴史事件
      資料
        場所
        • 大波止
        その他

          アンケート

          コメント