たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

よみがえる「出島和蘭商館跡」・出島

 鎖国時代、西洋に開かれた唯一の窓口として日本の近代化に大きな役割を果たした人工島「出島」。いま目の前にあるのは、復元された当時の水門です。現在は西側のメインゲートとなっていますが、当時はオランダ船の荷役作業の時にのみ開かれた門だそうです。2つの通り口があり、南側(右側)は輸入用、北側(左側)は輸出用と分けられていたそうです。

 

 ここで当時の貿易に関する品々が運ばれていたと思うと、ドキドキしてきますね。早速出島の中に入ってみましょう!

出島の歴史

 1636年(寛永13)、江戸幕府は、長崎に居住していたポルトガル人を収容して貿易を厳重に監視することやキリスト教の布教を禁止するために、長崎の有力な町人に命じて約1万5千平方メートルの人工の島「出島」を築きました。

 1639年(寛永16)に幕府は、ポルトガルとの国交を断絶し、出島のポルトガル人を出島から国外へ追放しました。出島は一時的に無人の島となりますが、1641年(寛永18)に平戸のオランダ商館が出島に移転、これ以降1859年(安政6)までの218年もの間、出島は西洋に開かれた日本唯一の貿易の拠点として大きな役割を果たしました。

 

 鎖国時代、日本がさまざまな海外文化や技術を採り入れた窓口でしたが、オランダ人にとっても同じでした。出島を通して、日本の文物や情報が西洋に伝えられました。出島は、西洋との国際交流の場としての役割も担っていた特別な場所だったのです。

復元ゾーン

 出島西側には、復元施設10棟が建造されており、そのエリアを「復元ゾーン」とよんでいます。これら復元施設では、“日蘭貿易”と“出島での生活”をメインテーマとして、日蘭貿易の歴史や代表的な輸出入品を紹介する展示コーナーが充実しています。また商館員の暮らしぶりも再現されており、当時の出島をより詳しく知ることができます。

 オランダ商館長の事務所や住居として使用されていたカピタン部屋は、出島の中で最も大きな建物でした。

 1階は出島の歴史や生活に関する資料が展示されています。出島が誕生するまでの歴史からオランダ商館が廃止されるまでの日蘭貿易に関する資料が展示されていますので、まずはここから見ていきましょう。

 2階は商館長の生活の様子が再現されています。奥には大広間があり、クリスマスを祝ったとされる「阿蘭陀冬至」の祝宴風景が再現されており、訪れた人々を魅了しています。また日本の役人や大名などが出島を訪れた際には、接待の場としてもカピタン部屋が使用されていたそうです。

 

 ほかにオランダ商館の商館長次席(ヘトル)の住居や商館員たちの食事を作っていた料理部屋、オランダ船(一番船)船長や商館員の居宅であった一番船船頭部屋、主な輸入品のひとつだった砂糖を収めていた一番蔵、染料のための蘇木(そぼく)が収められていた二番蔵、三番蔵などが復元されています。また帳簿などの筆記を行うオランダ人の書記の長が住んでいたといわれる「拝礼筆者蘭人(はいれいひっしゃらんじん)部屋」では、出島から広がっていった蘭学が紹介されています。

 

 これらの復元施設と資料をみていくと、長崎奉行をはじめ町年寄、出島乙名、オランダ通詞などの地役人(じやくにん)などこんなに多くの人々が出島に関わっていたということ、出島あるいは長崎が日本の歴史のなかで特別な場所であったことを再確認することができます。また、当時のオランダ商館の生活ぶりや出島に関わる日本人の仕事、日本人とオランダ人の風習の違いなど面白い歴史も知ることができ、ますます出島が面白く感じられます。

交流ゾーン

 安政の開国後に建てられた石造倉庫である「旧石倉(考古館)」や、1903年(明治36)に長崎に在留する外国人と日本人の親交の場として建てられた「旧長崎内外クラブ」から東側を「交流ゾーン」とよんでいます。

 旧長崎内外クラブの1階では、当時商館員らが遊んでいたビリヤードやカルタ、羽ペンで文字を書く事が体験できる体験展示室があります。修学旅行生にも人気で、グループで当時のビリヤードで遊ぶ姿がよく見られます。

 また2階の展示コーナーでは、現在『出島シュガーロード展』が開催されており、砂糖食文化や貿易の歴史、砂糖の種類や解説などが展示されています。かつてこの出島で荷揚げされていた砂糖がどんな歴史を持ち、そして長崎からどんな道順で砂糖が国内に伝わっていったのかがよくわかります。この出島シュガーロード展は、2011年3月末日まで行われていますので、ぜひお越しくださいね。

 

 東側ゲートの料金所も設置されている旧出島神学校は、1878年(明治11)に建てられたキリスト教(プロテスタント)の神学校で、現存する国内最古のものです。1階は企画展示室となっており、現在『龍馬と海と出島』展が開催されています。(2011年1月10日まで行われています)

まだある出島の見どころ

 復元施設によって、出島の歴史や当時の貿易の内容など深く知ることができますが、見どころはそれだけではありません。

 一番蔵や二番蔵などの復元に関する技術にもご注目ください。建物の復元工事は、原則として伝統的な木造建築の技法によって行われました。木や竹・土などを使い、大工や左官の技術で本物の土蔵を復元できたのです。さらに調査・設計の段階からシンポジウムなどでその過程を報告し、工事現場も市民が見ることができるよう工夫され、現場をオープンにし、土壁に塗り込む蚊帳を市民が提供するなど復元作業に協力することで、市民参加も実現しました。復元までの過程や伝統的な技法の解説も必見です!

 

 また出島では、発掘調査も行われています。この調査によって、本来の扇形の範囲や輪郭となる護岸の石垣と外側から垂直に打ち込まれた木杭なども発見されています。これらから、出島を補強する工法も紹介されています。そして海外へ輸出するために作られた国産陶磁器もたくさん出土しており、これらから輸出向け陶磁器の様式の変遷がわかり、当時西洋が求めていた陶磁器の様式も知ることができます。

 

 このように整備が進む国史跡「出島和蘭商館跡」は、ただ当時の出島を復元しただけでなく、日本の伝統技術の解説や発掘調査の内容も詳しく知ることができますので、歴史好きな人なら2時間は楽しんでいくことができる施設です。

出島の復元整備事業

 出島は、明治以降、周辺の埋め立て工事が進み、1904年(明治37)に完成した第2期港湾工事によって、海に浮かぶ扇形の出島の原形はなくなり、市街地の中に埋もれてしまいました。

 しかし、出島の歴史的価値を未来に残そうと、出島復元整備事業が展開されています。1996年(平成8)に、具体的な短中期計画と将来的な長期計画からなる復元整備計画が策定され、本格的な復元整備事業がスタートしました。2000年(平成12)から2006年(平成18)春までに10棟が復元・公開されていますが、短中期復元整備計画では、最終的に19世紀初頭の建造物25棟の復元や扇形をした出島の輪郭をあらわす周辺の石垣などの修復、史跡内にある明治期等の建物の整備活用に取り組むそうです。長期復元整備計画では、四方に水面を確保し、19世紀初頭の扇形の完全復元を目指します。国道の線形変更をはじめ市街地改造など大規模な作業となります。

 

 相当な期間がかかることが想定されますが、実現するのが非常に楽しみですね。今後の出島の復元状況にもぜひ、ご注目ください。

出島

【開場時間】

 8:00〜18:00(年中無休)

 ・最終入場は閉場の20分前までです

 ・期間によって時間延長があります。

【入場料】

・大人:500円(15人以上で400円)

・高校生:200円(15人以上で120円)

・小・中学生:100円(15人以上で60円)

※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)所持者及び介護者1名と健康手帳所持者(60歳以上)は半額で入場できます。

【お問い合わせ】

出島総合案内所

〒850-0862 長崎市出島町6番1号

TEL・FAX:095-821-7200

 

URL:http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/dejima2/


周辺散策地図


アンケート

コメント