たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

五島のキビナゴ

 キラキラと銀色に輝いて、花びらのように盛りつけられたこの刺身は、五島でよく獲れる「キビナ」です。五島では、「キビナゴ」や「キンナゴ」と呼んでいます。

 刺身は1匹1匹を指で開いて骨を取って盛りつけられます。キビナは鮮度が落ちやすいため、取れたての新鮮なうちに刺身で食べるのはとってもぜいたく! 

 またそのままの姿で吸い物にしていただくのもオススメです。きびなのダシがきいてとてもやさしい風味がします。キビナは丸ごといただけますよ!

 キビナは、刺身や吸い物のほかにも、一夜干しや煮付け、酢物、天麩羅など、いろいろな食べ方があります。

 五島の方に教えてもらったオススメの食べ方は、たぎらせた湯に醤油を入れ、キビナをしゃぶしゃぶにして食べる「いりやき」。白くなったキビナの頭を箸で挟んで口に入れ、スッと引き抜くと身だけが剥がれて味わえます。箸に残るのは頭と背骨だけ。ちょっとワザっぽいですね。でもコツがわかると意外と簡単。面白くて次々に口に運んでしまいました。

「いりやき」は、野菜を一緒に入れて鍋にして味わったり、キビナの出し汁が効いた残り汁に五島うどんを入れて地獄炊きにしたりするのも通な食べ方です。

 このキビナは、昔から五島の生活を支えてきた魚です。野崎島(小値賀町)の野首教会堂や奈留島(五島市)の江上教会堂は、当時の信徒たちがキビナ漁で資金をつくって建てたといわれています。

 五島の歴史においても、キビナは人々のくらしに欠かせない自然の恵みだったのですね。



アンケート

コメント