たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

かんざらし

 島原の名物のひとつに「かんざらし」があります。「かんざらしって何?」って思う方も多いかもしれませんね。水がきれいな島原ならではのスイーツです。 

 島原城の売店にある食事処や武家屋敷通りなどの歴史スポットや観光地、飲食店などで食べることができます。

 ゆであげた白玉をさらすのに大量の冷たくきれいな流水が必要なのですが、湧き水が豊富な島原ならではの逸品です。餅米の粉に湧き水を加えて、手でパチンコ玉程度の大きさに丸めます。熱湯に入れてゆであがったら冷たい湧き水にさらします。

 カラメルや砂糖で作った冷たいシロップに、ほどよく柔らかくなった白玉を入れて出来上がりです。

 

 柔らかくも歯ごたえがある食感がなんともいえません。シンプルな甘さで、散策後の疲れを癒すのにもオススメです。量的にも「もうちょっと食べたいな」という感じで、最適なボリュームですよ。冷たいスイーツを食べてスッキリしたところで、次の観光地へ向けてスタートしましょう!

かんざらしは、島原城にあるお食事処や武家屋敷通りなどの歴史スポット、その他観光地、飲食店などで食べることができます。
※メニューにないお店もありますので、ご注意ください。


アンケート

コメント