たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

対馬バーガー

 対馬市厳原町は、10万石の城下町風情をはじめ、万松院や金石城跡、県立対馬歴史民俗資料館、朝鮮通信士に関わる史跡など散策して回れる場所がたくさんあります。しかし歴史スポットを散策してると、どうしても途中で小腹が空いて困りませんか?

 そんな対馬で、ちょっとの時間で食べて元気に散策できる食べ物を見つけました。今注目されている「対馬バーガー」です。

 対馬の特産品を活かして若者向けに開発されたという対馬バーガーは、肉と海産物が一緒に味わえるというハンバーガーです。ひじきが練り込まれたひき肉と、バターと醤油で味付けされ鉄板で焼かれたイカがパンとレタスに挟まれているのです。

 いったいこれはどんな味になるのか?と思って食べてみると、普通においしい!

 ひじきや肉、イカの味がそれぞれに独立しているわけでなく、味も歯ごたえもバランスがとれていて実に美味しいのです。目をつぶって食べてみると、イカはエノキかと間違うくらいに似た歯ごたえで、食感自体も楽しめます。

 旅には、その地域の特色を活かした食べ物に出会うことも欠かせません。そういう意味では、こんなにも手軽に食べることができて、地元の新鮮な産品を味わえるというのはうれしいですね。1個550円と少々高い感じがありますが、作り置きではなく、注文後に作られるため、新鮮で美味しく、ボリュームにおいても満足できますよ。

 また現在では、「とんちゃんバーガー」も人気がでています。この「とんちゃん」とは、戦後、上対馬町在留韓国人が伝えたといわれる韓国風焼き肉のことで、その後上対馬の各精肉店が工夫を重ね、豚の肩ロースをしょうゆ、みそ、砂糖、ニンニク、ごま油などを調合した甘めのたれに漬け込んで日本人好みの味付けにされました。今では上対馬のソウルフードとして親しまれており、数々のB級グルメコンテストにも出場し、注目を集めています。

 このとんちゃんをトマトとレタスと一緒にパンで挟んだバーガーは、にんにくのスパイスも効いており、散策で疲れた体も思わず回復!今後のグルメについても、対馬は目が離せません。対馬へ旅するのが楽しみですね。

対馬バーガー KiYo(キヨ)

地図に位置する「対馬屋台横丁」ビルの1階入ってすぐ右側にある「対馬バーガー KiYo(キヨ)」で販売されています。

 

営業時間:11:00〜23:00

定休日:月曜

TEL:0920-52-0873

 

近くには長崎県立対馬歴史民俗資料館や金石城跡、万松院、厳原八幡宮神社、雨森芳洲や陶山訥庵の墓など徒歩で5分程度の史跡がたくさんありますよ!


周辺散策地図


アンケート

コメント