たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

対馬のいりやきそば

 しんなりしたキャベツとこんにゃく、味のしみた歯ごたえのある鶏肉、そしてつなぎを一切使わず、100%天然のそば粉を用いた対州そば。対馬では「いりやきそば」というメニューで味わうことができます。スープは鶏肉で出汁をとったもので、少々甘いしょうゆ味という印象でコクがありました。

 驚くほど鶏肉に味がしみていて、食べごたえがあり、そばにも弾力がありました。あっという間に食べてしまうと、スープも飲み干してしまうほど独特の味がありました。

 散策の途中にも、気軽に食べられることもあり、しかも体は中からポッカポカになれる食べ物です。

 もともと対馬では、農地が少なく、米がほとんど採れなかったため、山の斜面を利用して蕎麦が各地で栽培されていました。中国の雲南地方から朝鮮半島を経て対馬に伝わったといわれています。

 小麦粉などのつなぎ粉や卵、山芋などのつなぎを一切使わないので、そば独自の風味が広がり素朴な味がいっそう引き立ち、香りが高くコシがあると食通の方々にも評判です。

 

 対馬ではそばをメニューに扱っているお店などで味わうことができます。

 対馬に来たら、一度は食べてみてくださいね!



アンケート

コメント