たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

和多津美神社

 対馬市にある和多都美(わたづみ)神社は、本殿正面に海、裏手には森という神秘的な神社です。本殿正面の5つの鳥居のうち2つは、海中にそびえ、潮の干満によってその様相を変えます。

 遠い昔の神話の時代を感じさせる神秘的な神社で、訪れる人々を今でも魅了しています。

 和多都美神社の「和多都美」とは海神(わたつみ)のことで、この和多都美神社は、ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)とトヨタマヒメノミコト(豊玉姫命)を祀る海宮 で、海神神社の一の宮として古くから竜宮伝説が残されています。対馬を旅するなら、一度は訪れてほしい場所です。

 この神社は、映画「男はつらいよ」第27作“浪花の恋の寅次郎”に登場しています。和多都美神社で昼寝している寅さんが、助けた亀に連れられて竜宮城へ行き、家に戻ってくると孫の世代になっていて慌ててしまうという恒例の夢から醒めるオープニングシーンがありますが、今とそう変わらない和多都美神社の景観をみることができます。当時寅さんが昼寝をしていたベンチは、残念ながら残っておりませんでした。

和多津美神社

ふれあい交流の棟、オートキャンプ場、チビッコ向けの遊具がある「神話の里自然公園」のすぐそばです。


周辺散策地図


アンケート

コメント