たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

カステラ

 長崎のお土産といえば、まず「カステラ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 卵を泡立てて小麦粉、砂糖(水飴)を混ぜ合わせた生地をオーブンで焼いたものです。水飴を使うと、焼き上がった時のしっとり感が出るといわれています。近年では、抹茶やチョコレート、黒糖、チーズなどを加えて味付けされたカステラも製造・販売されており、バラエティな味を楽しめるようになりました。

 もともとのルーツは、パン・デ・ローとよばれるポルトガルのお菓子で、まるい形をしたスポンジケーキです。南蛮貿易をとおして日本に伝わりました。実は、原型とされるお菓子は、カステラとは製法が異なっています。カステラは日本に伝わってから、日本で独自に発展してきた洋菓子なのです。

 ちなみに「カステラ」の語源は、スペインのカスティーリャ王国に由来するといわれています。

カステラの歴史

 カステラは、どういう経緯で現在に至っているのでしょうか?

 もとを辿っていくと、1543年(天文12)にポルトガル人が種子島に漂着したことに始まると考えてみると面白いかもしれません。

 種子島に漂着したポルトガル人を案内したのは、中国の貿易商・王直だといわれています。王直は、当時東シナ海に勢力をふるっており、五島の福江島に活動拠点を持っていました。1549年(天文18)に五島から平戸に移り、松浦隆信から邸を与えられ、平戸にポルトガル船を手引きし、日本における南蛮貿易の橋渡しをしたといいます。

 東シナ海の海上交通・交易の要所となった平戸には、1550年(天文19)以降、ポルトガルやスペインとの貿易により、南蛮文化が伝わりました。その際に、パン・デ・ローとよばれるポルトガルのお菓子も宣教師から伝わったといわれています。

 平戸には、カステラを卵黄にひたして高温の蜜であげ、グラニュー糖をまぶした「カスドース」というお菓子があります。卵の風味と上品な甘さを堪能できます。「ドース」はポルトガル語で「甘い」という意味。つまり、「castela doce」で“甘いカステラ”となります。カスドースは、平戸市のお土産屋さんで購入できます。

 南蛮貿易は、その後平戸から横瀬浦(現西海市)、長崎へと移りました。そして1624年(寛永元)頃に福砂屋(ふくさや)でカステラが作られ始めたといわれています。その後、日本人向けに改良を重ね、現在に至っているそうです。こんな風に歴史的背景やルーツを見ていくと、ひと味違う感じがするから不思議ですね。

 カステラは、“かすていら”“カステーラ”“カスティーラ”“カステイラ”などとも表記され、長崎県内のお土産屋さんには必ず並んでいる定番のお菓子です。

 また近年では、大河ドラマ『龍馬伝』ブームの中、亀山社中が製造販売を計画したというカステラのレシピに基づいて忠実に再現されたカステラも登場しました。幕末のカステラと現在のカステラを食べ比べてみるのも楽しいですね。

  • 長崎県内のお土産屋さんでは必ずといっていいほど購入できます。


アンケート

コメント