たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

あごだしラーメン

 平戸市で知られる「あごだしラーメン」を食べてきました。

「あご」って何?と思う方は多いでしょう。長崎県では、飛魚のことを「あご」と呼んでいます。

 つまり飛魚で出汁をとったラーメンのことなのですが、平戸市では飛魚を炭火で焼いたり天日干しにして香ばしくなった「あご」をスープに使ったあごだしラーメンを味わうことができます。

 時間をかけて丁寧に作られたスープは、黄金色に輝き、透明度が高いことも特徴です。香ばしく風味豊かなスープは、とってもあっさりしているのにコクがあり、味わい深い印象です。最後はあごのスープとして飲み干してきました。

 よくお酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるという方が少なくありませんが、このあごだしラーメンはまさにオススメです!

 また以前から炭火などで焼いた「焼きあご」は、最高級だしとしても知られています。干しあごは、酒の肴やおかずにも人気があり、カルシウム不足を補うおやつとしても最適です。

 平戸市では、飛魚の商品が豊富に揃っています。炭火で丹念に焼いた後に秘伝のタレで仕上げたあごや、一夜干しのあご、焼いた後に軽く叩いて身をほぐし、骨ごと食べられるアゴ、ふりかけ用として加工されたアゴなどバラエティに富んでいます。

 平戸市を訪れたら、ぜひご賞味ください。



アンケート

コメント