たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

そのぎ茶と茶々焼

 東彼杵町(ひがしそのぎちょう)は、長崎県一の緑茶の産地です。

 眼下に大村湾を一望する台地には、約400ヘクタールの茶畑が広がり、毎年県内の60%を占める750トンのお茶が生産され、「そのぎ茶」として販売されています。

 道の駅そのぎの荘では、このそのぎ茶を、手軽に味わうことができるのです。

 1個80円という価格で、そのぎ茶が練り込まれたあつあつの茶々焼は、今や人気商品として知られ、多くの人が購入しています。

 また店内ではそのぎ茶も販売されており、一緒に購入して味わうとよりそのぎ茶の魅力を知ることができます。

 15世紀に、釜炒りによる製茶法が西九州に伝えられると、各地で盛んに茶が生産されるようになりました。その後、元禄年間には、大村藩主の奨励によって、茶園の集団化で現在の基礎がつくられました。

 また「そのぎ茶」は、約300年前来日したドイツ人医師ケンペル、約220年前に来日したスウェーデンの植物学者シュンベリー、さらに180年前に来日したドイツ人医師シーボルトのいわゆる出島三学者が、江戸参府のおりに、彼杵に宿泊し、見事な茶の栽培技術に驚嘆し広くヨーロッパにも紹介されたといわれます。

 幕末の志士を援助したことでも知られている女性豪商大浦慶は、出島在留のオランダ人テキストルに茶の見本を託しました。3年後英国商オルトから巨額の注文を受け、九州一円から6トンのお茶を集めて輸出したと記録されています。この際にも、そのぎ茶が多く使われました。

 この後お茶の輸出量は開港と共に増え、生糸と並ぶ日本の重要な輸出品目となっていきました。

道の駅 そのぎの荘

長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷747-2

TEL:0957-49-3311

【営業時間】

店舗・売店

7:00〜19:00

軽食

10:00〜17:00

体験施設、博物館・美術館

9:00〜17:00

 

関連URL:http://www.sonogi.jp/michinoeki.html


周辺散策地図


アンケート

コメント