たびながコラム

ホーム   >  たびながコラム  >   長崎みやげ話

松原刃物

松原刃物の歴史

 大村市の松原は、長崎と小倉を結んだ長崎街道が通っていた場所で、人・物・異国文化が往来していました。この地の名産品に松原刃物と呼ばれる鎌や包丁がありますが、500年もの歴史を持つことをご存知でしょうか?

 鍛冶屋は刀剣を作る「薄物」と、鍬などの農具を作る「荒物」の2つに分かれます。薄物鍛冶は繊細な焼き入れの技術が必要で、松原の技術は刀鍛冶の流れをくんでいます。

 松原刃物の歴史を追ってみると、1185年(文治元年)の壇ノ浦の合戦にまで遡ります。平氏一門の刀工・並衝行泰(なみのひらゆきやす)が源氏の追討から逃れるため、日向の国(宮崎県)に身を隠します。そして刀剣の需要が高まった戦国時代の1474年(文明6年)に、その子孫が松原に移住。八幡神社の境内で刀を鍛え、また農民の要望に応えて月型の鎌を作ったのが松原鎌の始まりとされています。これらの技術を、八幡神社の別当であった伊東家が受け継いで、多くの職人が技を習得して広まりました。

 刀の需要が減少すると、それまで余業だった鍬・小刀・鎌・包丁などに重きを移し、本業は鎌の製造へ変わっていきました。現在では包丁が主流となっています。

松原刃物の特徴

 県の伝統的工芸品に指定されている松原刃物の特長は、両刀の黒打ちや磨きをかけない地のままの色、切れ味の良さと粘り強さ。また包丁の種類にもよりますが、峰の部分を見ると、他の地域のものよりも薄めであることに気付きます。

 これらを実現するのが厳選された良質な材料と高度な技術。硬い鋼を軟らかな鉄で挟み、炉の温度や外気温、火花の色などを確認しながら、焼いては打つを繰り返す昔ながらの手作業の鍛造技法が、刃こぼれしにくい粘り強さを生み出します。

世界に一つ、マイ包丁作り体験

 昭和初期には20軒ほどあった鍛冶屋ですが、現在は3軒を残すのみ。松原鎌総本家・伊東鍛冶屋が操業を終える際に、技術を買われて伝統を受け継いだのが田中鎌工業です。

 田中鎌工業では、より多くの人に松原刃物の存在を広く知ってもらいたいという思いから、民泊の受け入れや、包丁作り体験を行っています。数ある工程の中の一部分ではなく、6時間ほどかかる本格的なもの。約1,100℃に燃えさかる炉や、ガンガンと激しい音を立てるベルとハンマーなどを駆使し、田中さんのガイドを受けながらも自分自身の手で鉄から刃物へと仕上げていきます。高度な鍛冶技術を身に沁みて感じるとともに、刃物作りの難しさや自分の銘を刻む嬉しさを味わうことができるのが魅力です。

 「松原包丁を、使い捨てと同じにされたくない。体験では『研ぎ』も一緒に教えられるので、ずっと使えることを理解して大切にしてほしい」と4代目の田中勝人さんは語ります。

 出来上がった「マイ松原包丁」で料理を楽しみ、家族の団らんを演出してみてはいかがでしょうか。

田中鎌工場 有限会社

住所:〒856−0009 大村市松原本町371 

電話:0957−55−8551 

 

包丁作り体験料(土・日のみ):14,000円/1人(2名以上)

(所要時間:約6時間)

※要予約です。

 

民泊:1泊朝食付5500円/1人(原則3名以上)

   夕食希望はプラス1500円


周辺散策地図


アンケート

コメント