ながさき歴史の旅

ホーム   > 歴史発見ドライブルート >   第10回 壱岐の風景と元寇ゆかりの地を訪ねる

歴史発見ドライブルート

松永安左ヱ門とは?

 松永安左ヱ門(まつなが やすざえもん)は、1875年(明治8)に現在の壱岐市石田町に生まれ、福沢諭吉の『学問のすすめ』に刺激を受けて慶応義塾へ入学しました。 さまざまな仕事を経て、電力業界のトップに躍り出て、「電力王」と呼ばれました。「電力統制私見」を発表し、民間主導の電力会社再編を主張したことや、 国家による電力管理に反対したため、一時は隠遁生活を送ります。彼の発言は色々な問題を引き起こしましたが、第二次世界大戦後は、電力事業の民営化に向け、 国民から「電力の鬼」と呼ばれながらも料金値上げをおこない、地道に説得し続けました。
 1951年(昭和26)には、完全中立を堅持する公益法人として、民間初のシンクタンク電力中央研究所を設立し、自ら理事長に就任しました。さらに産業計画会議を主宰し、 東名高速道路・名神高速道路や日本最大の多目的ダムである沼田ダム計画を発表するなど数々の提案勧告を生みました。
 また、還暦を機に茶道に親しみ、昭和を代表する茶人としても知られており、「耳庵(じあん)」と号しました。
 1971年(昭和46)に96歳で亡くなりましたが、本人の遺言により葬儀はおこなわれなかったそうです。彼の遺言状は松永記念館に展示されています。



うんちくバンク

人物
    歴史事件
    • 元寇
    資料
      場所
        その他

          アンケート

          コメント