ながさき歴史の旅

ホーム   > ながさき歴史散歩 >   第35回 十万石の城下町の面影がのこるまち“厳原”

ながさき歴史散歩

第35回 十万石の城下町の面影がのこるまち“厳原”

〜朝鮮通信使が見た府中〜

 長崎県の北東に位置する対馬の空港(美津島町)に降り立つと、日本語とハングルの案内板が目に飛び込んできます。朝鮮半島に近い国境の島には、 異国から運ばれてくる特有の“空気と時間”が流れていました。対馬空港から車で15分ほどの、島南部にある対馬市厳原町(いづはらまち)は、 江戸時代に対馬藩主宗(そう)氏の城下町「府中(ふちゅう)」として栄えました。朝鮮から派遣された使節「朝鮮通信使(ちょうせんつうしんし)」が最初に上陸する日本の島が対馬でした。 当時、朝鮮との交易や交流の窓口となっていた対馬藩は、藩をあげて朝鮮通信使をもてなしました。今回は、城下町の風情が残る厳原町を散策しながら、 朝鮮通信使ゆかりの地や足跡を訪ねる旅です。

歴史のとびら

 1719年(享保4)、江戸時代9回目の朝鮮通信使(ちょうせんつうしんし)が来日しました。その中に製述官(せいじゅつかん)として随行したのが申維翰(シンユハン)です。 彼はのちに『海游録(かいゆうろく)』という記録を残しています。『海游録』には対馬の佐須浦(佐須奈)などを経て、6月27日に府中(厳原)に到着した様子が描かれています。 到着後に藩主による歓迎式がおこなわれ、府中に3週間滞在したのち、藩主船の先導で壱岐に向かったことなどが記されています。 申維翰はこのとき藩の朝鮮外交を担当していた雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)と出会いました。

散歩コース

スタート地点までのアクセス

◎所要時間のめやす:約3〜4時間

以酊庵跡(西山寺)

↓徒歩10分

長崎県立対馬歴史民俗資料館

↓徒歩5分

金石城跡

↓徒歩5分

万松院

↓車で10分

武家屋敷・城下町跡

↓車で10分

雨森芳洲の墓

↓車で10分

朝鮮通信使客館跡(国分寺)

以酊庵跡(西山寺)

 府中に上陸した朝鮮通信使一行は、正装をして、国書を奉じ、楽隊を組んでくり出しました。 華やかな行列の向かった先は西山寺(せいざんじ)でした。西山寺は外交僧の玄蘇(げんそ)や弟子の玄方(げんぽう)が居住した以酊庵跡(いていあんあと)。 使節の宿泊所にもなりました。『海游録』によると西山寺は当時新築で、飯、羹(かん)、菜、魚、果物などの食事が出されたとの記述があります。 食事の膳は14、5歳の小姓(こしょう)が運んだようです。 申維翰は食事のあとお茶をすすりますが、「味は苦いが、湯を吹いて小飲すると胸中が爽快であった」と感想を述べています。

長崎県立対馬歴史民俗資料館

長崎県立対馬歴史民俗資料館蔵

 朝鮮通信使の知識を得るため、行列を再現した「朝鮮国信使絵巻」を見るならここです。先頭に「清道」旗、楽隊、国書をのせた轎(かご)、 正使・副使がつづく絢爛(けんらん)な行列のようすが理解できます。通信使に出された正式な食事の盛り付け例である「朝鮮通信使饗応料理絵図」は興味深いです。 ほかに雨森芳洲の肖像画なども展示されています。

金石城(かねいしじょう)跡

 1669(寛文9)年に宗義真(そうよしざね)が築いた城です。館中心で天守閣はありません。大手の櫓門(やぐらもん)は平成2年(1990)に復元されています。 通信使は府中滞在中に藩主に招かれていますが、『海游録』には「府中の外側に城郭はなく、ただ高い垣を築いて大門を設け、 白木版を立てて“下馬”と書いている」と描かれています。

万松院(ばんしょういん)

 対馬宗家歴代の菩提寺です。十万石の風格がただよう広大な敷地に宗義智(そうよしとし)以降の歴代の藩主、正室、側室などの立派な墓が並んでいます。 山門は桃山様式。石灯籠が両脇に並ぶ荘厳な132段の石段(百雁木 ひゃくがんぎ)を登っていくと天然記念物(長崎県指定)の大杉が目に飛び込んできます。 本堂には朝鮮国王から贈られた三具足(みつぐそく)や徳川将軍家の位牌などが安置されています。

武家屋敷・城下町跡

 厳原は対馬藩十万石の格式ある城下町で、武家屋敷が並んでいます。江戸時代初期から屋敷を囲む石垣塀が築かれましたが、 現在、宮谷地区を中心に家老屋敷跡などが残っています。石垣塀は、易地聘礼(えきちへいれい) のときにさらに美しく整備されたといわれます。石垣塀はいたる所で見られますが、 厳原の景観を代表する“顔”的存在です。

*易地聘礼/「朝鮮通信使客館跡」参照
雨森芳洲の墓

 長寿院(ちょうじゅいん)の裏山を少し登ると、対馬藩に仕え朝鮮外交に尽力した雨森芳洲の墓があります。彼は朝鮮語、中国語が堪能でした。『海游録』にもその名はたびたび登場し、使節に同行しながら、申維翰と丁々発止のやり取りを展開していきます。申維翰との関係については、“油断はできないが、互いを認め合う外交官同士の付き合い”といったところでしょうか。芳洲はそれぞれの国の事情や立場を尊重する国際人であり、朝鮮通信使の応接になくてはならない人材でした。平成2年(1990)、当時来日中の盧泰愚(ノテウ)韓国大統領が、宮中晩餐会の答礼の言葉の中で、朝鮮の玄徳潤(ヒョンドギュン)とともに雨森芳洲の「相互尊重」の外交姿勢を讃えています。芳洲は「互いに欺かず、争わず、真実をもっての交わり」と方針を説き、朝鮮外交と友好親善に務めたのです。

朝鮮通信使客館跡(国分寺)

 徳川家斉の将軍就任を祝う聘礼(へいれい)式を府中でおこなうにあたり、1807年(文化4)、国分寺(こくぶんじ)に朝鮮通信使の客館が新設されました。山門は当時のまま残っています。1811年(文化8)には、日本側の財政事情から朝鮮通信使一行336名を対馬の地のみで迎え、幕府の使者とともに、儀式・接待をおこないました。これが最後の朝鮮通信使となり、「易地聘礼」といいます。

〔文:小川内清孝〕

参考文献
  • 『海游録 朝鮮通信使の日本紀行』申維翰著(平凡社/東洋文庫252)

スタート地点までのアクセス

以酊庵跡(西山寺)

所在
長崎県対馬市厳原町国分1453
お問い合わせ
 
TEL
0920-52-0444
FAX
0920-52-0655
アクセス
 
飛行機・車…
<ANA>福岡空港─(30分)→対馬空港→車で20分
 
<ORC>長崎空港─(35分)→対馬空港→車で20分
船…
<フェリー>博多港─(直行3時間45分・壱岐経由4時間30分)→厳原港→徒歩10分
 
<ジェットフォイル>博多港─(壱岐経由2時間15分)→厳原港→徒歩10分

うんちくバンク

人物
  • 雨森芳洲
  • 製述官
  • 朝鮮通信使
歴史事件
    資料
    • 海游録
    場所
    • 以酊庵
    • 万松院
    その他
    • 易地聘礼

    アンケート

    コメント