ながさき歴史の旅

ホーム   > ながさき歴史散歩 >   第36回 2つの西海橋と3本の無線塔がある風景

ながさき歴史散歩

第36回 2つの西海橋と3本の無線塔がある風景

〜急流の針尾瀬戸から針尾送信所無線塔を望む〜
歴史のとびら

 佐世保市と西海市間の有料道路「西海パールライン」に、2006年(平成18)3月、美しいアーチ線形を描いた「新西海橋(しんさいかいばし)」が開通しました。そばに寄りそうように架かる「西海橋」は、1955年(昭和30)12月に完成した312mの歴史ある橋。完成当時は固定式アーチ橋として東洋一(世界第3位)の規模を誇り、全国初の有料橋として営業を始めたのがこの橋でした(現在は無料)。
 この2つの橋の景観を比べてみると、西海橋には威風堂々とした紳士の風格を、新西海橋にはしなやかで凛とした貴婦人のような趣を感じます。これらの橋から針尾(伊ノ浦)瀬戸を挟んで3本の巨大なコンクリートの塔が見えてきますが、これが佐世保市針尾中町にある針尾送信所無線塔です。

散歩コース

スタート地点までのアクセス

◎所要時間のめやす:約1時間

西海橋

↓車で5分

新西海橋

1怪獣映画に登場した西海橋!

 「西海橋」といえば、開通の翌年(1956年)に『空の大怪獣 ラドン』という怪獣映画に登場しています。この映画は東宝の特撮怪獣映画の記念すべきカラー作品第1号。つまり、赤いアーチ橋の西海橋はいきなり総天然色で全国に紹介されたのです。しかしながら、当時東洋一の規模を誇ったのがあだになってしまったのか、超高速で飛ぶ鳥獣ラドンの翼から繰り出される衝撃波で、完成したばかりの西海橋が破壊されるという、県民にとってはショッキングなシーンになってしまいました。この映画には当時の佐世保駅などがロケ地として登場し、懐かしい昭和30年代の町並みを知る、格好の材料ともなっています。

2新西海橋の歩道から潮流が見える!

 新西海橋の全長は約620m。西海橋はアーチの上に車道と歩道がありますが、新西海橋はアーチの中間部分に道路(上は車道、下は歩道)が位置するという構造になっています。
 新西海橋を車で渡ってみました。橋の中央に近づくとライトブルーのアーチが左右に見えてきて爽快な気分になります。車で渡ったあとは、下の歩道橋を歩いてみましょう。心地よい潮風が通りぬけていきます。しばらく歩くと真ん中付近に休憩所があるので、ちょっと足を止めてひと休み。すると、足元に設置された丸いガラス窓を発見!ガラス窓を通して真下の海をのぞくことができるのです。全国有数の急流で知られる針尾(伊ノ浦)瀬戸の豪快なうず潮が真下でグルグル・・・。吸い込まれそうなスリルの中で、このうず潮を見ることができますが、高所恐怖症の方にはガラス越しとはいえ、ちょっと怖いかもですね。

 さて、この新西海橋も映画に登場しています。開通の前年(2005年)のこと、作品は『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった』。バーの経営者・輝男(尾崎紀世彦)とハマちゃん(西田敏行)が、佐世保の街をテーマにした曲を歌うシーンが印象的な映画でした。新西海橋は、ハマちゃんが勤める鈴木建設が着工した「第二西海橋」という設定で連結式のシーンに華やかに映し出されました。しかしこの場面の影響か、いまだに橋の正式名称を「第二西海橋」だと思いこんでいる地元の人が多いとの噂もあるそうです。

圧倒される高さの針尾送信所無線塔

 西海橋・新西海橋から針尾瀬戸を挟んで、煙突のようにそびえたつ3本の塔が見えます。この針尾送信所無線塔は、旧日本海軍が1918年(大正7)から4年の歳月をかけて1922年(大正11)に完成させたものです。終戦後は1948年(昭和23)に発足した海上保安庁(佐世保海上保安部)が管理を引き継ぎ、1997年(平成9)まで現役で海難通信や海上保安業務に大活躍しました。
 旧日本軍は、1941年(昭和16)12月2日、「ニイタカヤマノボレ一二○八」という大平洋戦争開戦を指示する歴史的な暗号文を送信します。これは連合艦隊の戦艦長門から発信され、有線ケーブルを経由して針尾送信所無線塔から中国大陸や南大平洋の部隊に伝えられたといわれています(ほかにも諸説あります)。
 異様に高い塔が建設された理由ですが、完成当時は無線電波が中波や短波ではなく、長波だった関係で、高い場所にアンテナ線を張る必要があったと考えられており、こんなに存在感のある高い煙突の施設になったそうです。

 2つの西海橋と3本の無線塔があるこの風景は、いまや佐世保を代表する風景のひとつとして、市民にもちろん県民にも親しまれています。オススメの時期は、約1500本の桜が咲き誇り、豪快なうず潮を見ることができる春ですが、それぞれの季節ごとに素敵な風景を魅せてくれますので、ぜひお出かけください。

〔文:小川内清孝〕

参考文献
  • 『旅する長崎学8 近代化ものがたり2』(企画/長崎県 制作/長崎文献社)
参考資料
  • 「佐世保海上保安部業務紹介」ホームページ

スタート地点までのアクセス

西海橋

所在
長崎県佐世保市針尾東町
アクセス
 
JR・バス…
JR佐世保駅から西肥バス「西海橋コラソンホテル行き」西海橋東口下車(約40分)
車…
西九州自動車道「佐世保大塔IC」から国道205号を5km長崎方面に走った江上交差点を右折、さらに国道202号を西海方面に10km
お問い合わせ
TEL/0959-28-1913

うんちくバンク

人物
    歴史事件
      資料
        場所
        • 針尾送信所無線塔
        その他

          アンケート

          コメント