ナンコイ新十景

ホーム   >  ナンコイ!? 新十景   >  島原城天守閣の巨大影絵(愛称 キャッスルモンスター)

島原城天守閣の巨大影絵(愛称 キャッスルモンスター)

島原城天守閣の巨大影絵(愛称 キャッスルモンスター)
氏名
(ハンドルネーム)
松下英爾 さん
撮影場所島原市城内一丁目1183−1 島原城天守閣(5階展望所)の南東方向の有明海上空
推薦理由平成28年の夏、島原城天守閣(展望所)で、夜、有明海上空に島原城(天守閣)の巨大シルエット(影絵)が浮かんでいるのを発見しました。夜間、島原城天守閣を北西方向から強烈にライトアップする照明によって天空にできる《影絵》の現象とみられ、地元では「キャッスルモンスター」と呼んでいます。毎夜、現れますが、晴れた日と雨の日では現れる姿も違い、とっても不思議です。島原の街の灯の一大パノラマを眼下に、お月様や有明海に行き交う船、熊本方面の街の明かりも美しく遠望しながら、有明海上空に現れる島原城の巨大シルエットはまさに荘厳で、幽玄で、神秘的で、つい願いごともかけたくなります。添付写真は、雨の日の姿の写真を添付しましたが、晴れた日は、天守閣がいくつもの刀剣を振りかざした姿で立ち現れます。

投票は1日一回のみとなります。
一回投票すると、次の日の0時までは投票できませんので、ご注意ください。