梅屋・孫文 ゆかりの地 長崎

辛亥革命指導者孫文と、彼を物心両面で支えた長崎出身の実業家梅屋庄吉の足跡を歩く
① 出島岸壁

長崎と上海を結ぶ定期航路の長崎側の当時の窓口。
中国から日本へ向かう孫文は、この長崎港を寄港地として立ち寄りました。

② 精洋亭跡

1884年にオープンした洋食屋。当時、精洋亭は西洋料理店とホテルも兼ね備え、長崎三大洋食屋と呼ばれていました。1913年3月22日、孫文は、長崎医専在学中国留学生との晩餐会に参加しています。


福建会館
③唐人屋敷・福建会館

唐人屋敷は、中国人の居留区として造成されたもので、1689年に完成。市中の中国人は、唐人屋敷に集められ、そこで暮らしていました。1859年の開国によって唐人屋敷は廃屋化し、1870年に焼失。その後、長崎に住む中国人は隣接の長崎市新地町に中華街を形成し、現在の長崎新地中華街につながっています。
福建会館は唐人屋敷時代の孔子を祭る聖人堂の跡と言われ、福建省泉州出身者により創設された八閩会所がその起源です。孫文は、1913年3月22日、華僑主催の歓迎午餐会で、福建会館に足を運んでいます。
前庭には上海市より寄贈された孫文の銅像が建っています。


④ 料亭花月・鹿島屋跡

1900年8月26日、孫文は、上海イギリス総領事と協議するため、上海へ向かう途中に「神戸丸」で長崎に立ち寄りました。孫文の3回目の来崎となります。花月楼では孫文に同行した日本人が遊興しました。花月楼となりの鹿島屋では孫文が昼食をとっています。

⑤ 東洋日の出新聞跡

鈴木天眼が創刊した「東洋日の出新聞」は早くから孫文の活動を報道していました。1913年、孫文が長崎を公式訪問した際には、連日その動向を報道しています。現在は跡地に「孫文先生故縁之地」の石碑が建っています。

⑥ 西郷四郎の墓(大光寺)

1902年に創刊された「東洋日の出新聞」の編集人・西郷四郎の墓。日本の有名な小説「姿三四郎」は、西郷四郎がモデルとされています。


ゆかりの地マップ
⑦ 佐藤塾跡

梅屋庄吉が小学校に入学する前に通っていた塾。


⑩ 梅屋商店跡

梅屋庄吉の養父母、梅屋吉五郎・ノブ夫妻が営んでいた商店。梅屋庄吉は1868年11月26日、本田松五郎・ノイ夫妻の子として生まれ、親戚筋の梅屋夫妻の養子となりました。

⑧ 鈴木天眼宅跡

1913年に、孫文が訪れた記録が残っています。孫文は、華僑や市の歓迎会出席の中、体調を崩していた鈴木天眼のためにわざわざ出向いたとされています。孫文とその支援者の記念写真が撮られた場所でもあります。


⑨ 榎津小学校跡

梅屋庄吉が通った小学校。通常、13歳に卒業するが、庄吉は成績優秀で3年早い10歳で卒業しました。

⑪ 青年会館(YMCA) 跡

孫文が1913年に来崎した際、青年会館(YMCA) で「世界の平和と基督教」を講演しました。


ページ先頭へ