• プロジェクトの展開図
  • 特別企画展の開催
  • 館長サミットの開催

  • 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアムの開館
  • 武漢市「辛亥革命博物館」「中山艦博物館」への長崎県コーナーの設置

  • 上海での学術交流会議「孫文・梅屋庄吉展」の開催 及び シンガポール孫文南洋記念館での発信

  • 「孫文・梅屋庄吉と長崎」・「長崎~上海航路」記念シンポジウムの開催
  • 東京・北京での記者発表

  • 中国からの長崎県への孫文・梅屋庄吉夫妻像の贈呈
  • 中国上海市への梅屋庄吉像の寄贈
  • 小坂文乃氏による講演会の開催

  • 児童書の製作及び感想文コンクールの開催
  • 孫文・梅屋庄吉友情月間トーク&コンサートの開催
  • 高校・中学での教科書掲載等

  • 上海万博及び中国各地での「孫文と梅屋庄吉展」の支援
  • 中国でのプロモーション活動等による広報

  • 新たな友好交流の締結について(1)
  • 新たな友好交流の締結について(2)
  • 新たな友好交流の締結について(3)

新たな友好交流の締結について (1)

中国の博物館等の訪問調査や文物借用協議、武漢市辛亥革命博物館等への長崎県コーナー設置協議など、本プロジェクトの取組を契機とした本県と湖北省や、梅屋庄吉の故郷である長崎市と孫文の故郷である中山市との新たな友好交流関係の締結。

湖北省との締結時の様子

1.本県と湖北省との友好交流関係同意書締結

  1. 締結日:2011年10月10日(辛亥革命100周年の日) 武漢市辛亥革命博物館・長崎県コーナーの開幕式に出席するため、中村知事が湖北省を訪問。王国生省長との間で「友好交流関係に関する同意書」を締結
  2. 締結者:長崎県知事 中村法道、湖北省省長 王国生 (おうこくせい)
  3. 交流分野等、博物館交流の一層の強化をはじめ、文化、観光、経済、環境、教育・人的交流等、広範な交流を行う

2.長崎市と広東省中山市の市民友好都市の提携

  1. 提携の背景等:辛亥革命の指導者である孫文は、中華人民共和国・中山市の出身であり、また、孫文を物心共に支援した梅屋庄吉は、長崎市の出身であることから、その歴史的な友情を顕彰し、市民や民間レベルでの交流を促進させる
  2. 提携日:2011年9月30日 (特別企画展「孫文・梅屋庄吉と長崎」の開幕式と連携)
  3. 交流分野等:市民や民間交流団体が主体となって実質的な交流を行う

ページ先頭へ

新たな友好交流の締結について (2)

また、香港では、孫文と梅屋庄吉が運命的な出会いを果たした地「香港」に因んだイベント等に取り組み、新たな交流関係の締結がなされた

締結式の様子


締結式の様子

1.長崎ペーロンと香港ドラゴンボートの両競漕大会の相互交流関係締結

  1. 締結日:2011年6月19日
  2. 締結者:長崎市ペーロン協会 副会長 中村七生
    香港ドラゴンボート協会 会長 レイモンド・マ
  3. 交流内容等:「長崎ペーロン選手権大会」と「香港ドラゴンボートカーニバル」が両大会を一層盛り上げていくため、2012年から3年間、毎年のチャンピオン・チームを相互の大会に派遣するとともに、各大会のチャンピオンにカップを相互授与する。

2.長崎国際観光コンベンション協会と香港政府観光局の友好親善協定締結

  1. 締結日:2011年12月15日
  2. 締結者:長崎国際観光コンベンション協会 会長 川添一巳
    香港政府観光局 日本・韓国地区局長 加納國雄
  3. 協定の内容等:長崎と香港の観光交流のさらなる推進のため、友好親善協定を締結し、長崎市と香港双方からの人の流れを通して相互の理解と利益に寄与する。

ページ先頭へ

新たな友好交流の締結について (3)

孫文・梅屋庄吉と長崎プロジェクトを契機に長崎県と湖北省が締結した友好交流に関する同意書に基づき、両地にある4館の友好館関係を締結。各館の相互訪問、研究員(学芸員)の派遣・受入などの交流事業を展開。

サインする館長ら


1.長崎歴史文化博物館と湖北省3館との友好交流協定書締結

(1)締結日
2013年3月22日
(2)締結者
長崎歴史文化博物館 館長 大堀 哲
辛亥革命博物館(武漢市立)館長 姚明修
武漢市中山艦博物館(武漢市立) 館長 王瑞華
辛亥革命武昌起義記念館(湖北省立)館長 梁華平
(3)交流項目等
  • 各館トップの相互訪問
  • 相互の臨時展覧会の検討・実施
  • 相互学芸員の中短期研修への派遣・受入
  • セミナー等の共同開催
  • 図書、文物資料等の情報交換
  • 情報化管理技術の情報交換
  • 所蔵品の保管と修復技術等の情報交換
  • 博物館(記念館)の運営・管理等の情報交換 ほか

2.交流事業の実施

(1)2013年11月1日~7日(7日間)
  • 湖北省武漢3館から3名の研究員が長崎歴史文化博物館において研修受講。古文書修復研修や館の社会貢献事業(学芸・教育)などについて受講
(2)2014年11月28日~12月4日(7日間)
  • 長崎県及び歴史文化博物館の学芸員が武漢市の3館で研修受講
(3)2015年3月12日~
  • 長崎歴史文化博物館において、「孫文と武漢」・「武漢3館」・「武漢市概要」等の常設パネル展示コーナーを設置。
(4)2016年9月5日~9月11日(7日間)
  • 長崎県及び歴史文化博物館の学芸員が武漢市の3館で研修受講

ページ先頭へ
ページ先頭へ