みんなでつくる「たびなが」みんなでつくる「たびなが」

ホームホーム   > みんなでつくる「たびなが」 > 旅の情報おすそわけ

旅の情報おすそわけ

  • 夕日に沈む夫婦岩はうつくしい 2012年11月08日
    夕日に沈む夫婦岩はうつくしい
    九州本土最西南端長崎半島の先端部に位置する野母崎は、五島灘や橘湾など、周囲を海で囲まれたところです。長崎市中心部から車で国道を通って南へ進んでいくと、海側の道路沿いに岩と岩が寄り添う仲むつまじい光景が目に入ります。波に浸食を受けた海食崖の景観を呈し、夫婦岩は約4億8000万年前の岩石からできているそうです。夕日に沈む光景は本当に美しいです。ドライブコースとしてお薦めです。
  • 長崎の唐寺をめぐる 2012年10月25日
    長崎の唐寺をめぐる
    鎖国により海外との交流が許された異国文化あふれる長崎。江戸時代初めに、隠元禅師は中国から長崎に渡来し、黄檗宗とともに「最新の中国文化」を長崎から全国へ伝え、衝撃的な影響を与えました。隠元禅師が長崎に来て最初の1年滞留し日本最古の黄檗寺院でもある興福寺、国宝が2つあり大河ドラマ「龍馬伝」のロケ地ともなった崇福寺、坂本龍馬ゆかりの地の一つともされる聖福寺などの唐寺を廻り、建築様式や意匠などを細かく見て回るのも面白いと思います。
  • 親子で楽しめる公園で郷土の偉人を知る 2012年10月18日
    親子で楽しめる公園で郷土の偉人を知る
    深澤儀太夫が捕鯨で巨万の富を得て、惜しげもなく私財を投じて築いた人造湖である野岳湖。湖の周囲は親子で楽しめる公園として整備され、山間の憩いのスポットとなっています。近くにはスイーツのお店等もあり、ドライブコースとして楽しめます。
  • 日本の国際通信史を学ぶ 2012年10月16日
    日本の国際通信史を学ぶ
    日本の国際通信は、明治4年(1871年)にデンマークの大北電信によって敷設された長崎・上海間と長崎・ウラジオストック間を結ぶ海底ケーブルによって始まりました。史料館の建物は、明治の洋風建築技法による赤煉瓦造りの建物で、この貴重な建物を活かし、海底線事業の変遷を伝える資料等が展示されています。海底ケーブルに関する日本で唯一ともいえる史料館で日本の国際通信史を学びました。なお、史料館の見学は事前予約制です。
  • 軍艦島上陸クルーズ 2012年10月16日
    軍艦島上陸クルーズ
     端島(軍艦島)へ行ってきました。  どうして”きれい”とは言えない廃墟がこれほど人を惹きつけるのか・・・ことばはうまく見つかりませんが、どこを見ても胸に迫る風景でした。  写真は、レンガ造りの総合事務所。炭鉱マンのための大きな共同浴場があったそうです。 その上部に見える長方形の建物は貯水槽。高台にあったんですね。
  • 長崎街道を歩く 2012年10月12日
    長崎街道を歩く
    厳しい暑さも和らぎ、ウォーキングや文化財巡りに適した季節になってきました。人が行き交い、物が運ばれ、文化が交流した歴史の道「長崎街道」。文化庁の「歴史の道百選」にも選ばれた井樋ノ尾峠を歩いてみました。のどかな自然の風景が広がり、街道沿いの史跡なども数多くウォーキングには適したコースだと思いました。
  • 俊寛僧都墓碑 2012年01月18日
    俊寛僧都墓碑
    平氏打倒の密議が露見して流された俊寛僧都の墓碑。江戸時代中期ごろにはすでに「俊寛が流された地」として認知されていたようです。 この他にも俊寛がねぐらにした岩窟や、一緒に流された藤原成経の草庵跡があります。 事の真偽はともかく、大河ドラマ「平清盛」にあわせてもっと宣伝したらどうでしょう。
  • 島原の坂本龍馬像 2011年04月26日
    島原の坂本龍馬像
     ニュースで見ていた島原の坂本龍馬像にようやく会えました!  この龍馬像が、サッカーをはじめスポーツをする子どもたちに夢を与えることでしょう。平成新山をバックに記念写真を撮ってきました。
  • みそ五郎どん 2011年04月26日
    みそ五郎どん
     西有家町の高岩山に住んでいたという味噌好きの大男「みそ五郎どん」にちなんだ祭りが毎年11月に行われています。みそ五郎どんの人形が町を練り歩くパレードなどが行われますが、そのみそ五郎どんの人形は、南島原市の庁舎前に置かれています!遠くからも目立つこのみそ五郎どんは普段こんな所に居るんですね。
  • しょうゆソフトクリーム 2011年04月26日
    しょうゆソフトクリーム
     有家町の蔵めぐりの散策をしている途中で見つけました!醤油ソフトクリーム!!  速攻買って食べました。見た目ソフトクリームは微妙に茶色。一口食べてみると、やっぱりイメージ通り醤油が効いたソフトクリーム!しかしこの味に慣れると、大人のソフトクリームってこんなかな?と感じました。また食べたいな。