みんなでつくる「たびなが」みんなでつくる「たびなが」

ホームホーム   > みんなでつくる「たびなが」 > 旅の情報おすそわけ

旅の情報おすそわけ

  • 三浦按針(ウィリアム・アダムス)の足跡をたどる 2013年05月30日
    三浦按針(ウィリアム・アダムス)の足跡をたどる
     三浦按針(ウィリアム・アダムス)は、1600年にリーフデ号で日本へ漂着し、徳川家康に外交顧問に取り立てられました。平戸英国商館の創設にも尽力し、今年(2013年)は、平戸英国商館設置400周年で、「平戸さるく」が行われていました。  三浦按針は、平戸英国商館退職後、平戸の地で亡くなり、「三浦按針の墓」碑がありました。  平戸は、日本で最初の海外貿易港として栄え、出島に先駆け西洋の窓口だったことがわかりました。 
  • 波佐見町中尾山 2013年05月28日
    波佐見町中尾山
    波佐見陶器市に行った際に、中尾山の方に初めて寄らせていただきました。 窯元がたくさんありとても雰囲気が良く、景色もとても気持ちが良かったです。 春には「桜陶祭」と言うイベントも行われているようですので、皆さん一度、足を延ばしてみたらいかがでしょうか!
  • やきものの里を訪ねて 2012年12月10日
    やきものの里を訪ねて
    400年の歴史や伝統が受け継がれる波佐見焼。波佐見には世界最大規模を誇る巨大な登窯跡がみられます。江戸時代に大村藩の特産品のひとつとして、大量の日用食器が生産され、日本全国、そして海外へと広がっていきました。国の史跡である畑ノ原窯跡には復元された登窯があり、10月に波佐見の中高生の生徒さんがこの登窯でマグカップの焼成に挑戦したそうです。優れたデザインで、新しいやきものの製造にもチャレンジしている波佐見焼。これからも期待されます。
  • 自然と調和する美しいアーチ橋 2012年10月31日
    自然と調和する美しいアーチ橋
    長崎県の北部、松浦半島の山あいを松浦鉄道が走っています。周囲の山々や川の風景にコンクリートアーチ橋が溶け込み、心が和む優美な風景をつくり出しています。かつて、石炭輸送で活躍し、日本の近代化にも貢献した象徴的な存在として、吉井川橋梁と吉田橋梁とともに国の登録有形文化財となっています。お出かけの途中などに立ち寄って、往時の歴史を思い浮かべながら、今も現役の自然と調和したアーチ橋の風景を楽しむのはいかがでしょうか。
  • 蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて 2012年10月25日
    蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて
    元寇(弘安の役)終焉の地、鷹島。海底遺跡として日本で初めて国の史跡に指定されました。調査研究により謎に包まれた元寇の実態が徐々に解明され、全国的に注目を集めております。鷹島歴史民俗資料館では、長年の調査研究で発見された貴重な元寇の海底遺物などが展示されています。併設する埋蔵文化財センターも見学でき、長い間海底に沈んでいた貴重な遺物の保存処理の過程もみることができます。写真はこの資料館付近の山手から鷹島海底遺跡のほうを眺めたものです。松浦は日本有数のアジ・サバの水揚げを誇り、養殖トラフグの生産量は日本一を誇るのだそうです。元寇ゆかりの地を巡る歴史の旅に、松浦の海の幸、山の幸も楽しめ、さらに豊かな自然の風景に癒されます。平成21年4月に「鷹島肥前大橋」が開通し、そこからの眺めも魅力の一つです。
  • これはびっくり!でっかいメガネを発見。 2012年10月16日
    これはびっくり!でっかいメガネを発見。
     佐世保市に奇岩があると聞いてやってきました。なんと、なんとっ!! これは鬼のメガネ?!大きな穴が二つ開いた、まるでメガネのような岩がありました。高さは10メートルはあるかなぁ。  どうしてこんなところにって思ったら、むかーしむかしはこのあたりは海だったらしく、波によってできた海食洞穴だそうです。  そのかたちのとおり眼鏡岩とよばれているんだって。
  • 波佐見町の鬼木棚田 2011年03月29日
    波佐見町の鬼木棚田
    波佐見町の鬼木棚田は、日本棚田百選に選ばれています。 素晴らしい景観にはいつも癒されるので、定期的にドライブしています。 毎年9月には鬼木棚田祭りが開催され、鬼木のあちこちにいろんな姿の案山子が登場するんです。本物の人かと思って思わず声をかけてしまったこともあります(笑)。皆さんも一度行ってみてください。
  • 弓張岳展望台 2011年02月16日
    弓張岳展望台
    佐世保市街や米軍基地、SSKのドック群、さらに西の方角に九十九島を見ることができます。 夜景は素晴らしかったです。
  • 平戸オランダ商館 2011年02月16日
    平戸オランダ商館
    1609年に設立された平戸オランダ商館が、約400年の時を経て、復元されています。 白い建物が見えたので、見に行ってみましたが、2011年9月20日にオープン予定とのこと。9月にまた来ます。 新しい歴史スポットとして期待しています。
  • 田平天主堂 2010年08月09日
    田平天主堂
    教会めぐりで訪れた田平天主堂です。下の海岸から信者の皆さんがレンガを運んで建てたと聞き、当時の心情を思うと涙が出ました。こんなに素敵な教会を残してくれてありがとうと思いました。