みんなでつくる「たびなが」みんなでつくる「たびなが」

ホームホーム   > みんなでつくる「たびなが」 > 旅の情報おすそわけ

旅の情報おすそわけ

  • 蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて 2012年10月25日
    蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて
    元寇(弘安の役)終焉の地、鷹島。海底遺跡として日本で初めて国の史跡に指定されました。調査研究により謎に包まれた元寇の実態が徐々に解明され、全国的に注目を集めております。鷹島歴史民俗資料館では、長年の調査研究で発見された貴重な元寇の海底遺物などが展示されています。併設する埋蔵文化財センターも見学でき、長い間海底に沈んでいた貴重な遺物の保存処理の過程もみることができます。写真はこの資料館付近の山手から鷹島海底遺跡のほうを眺めたものです。松浦は日本有数のアジ・サバの水揚げを誇り、養殖トラフグの生産量は日本一を誇るのだそうです。元寇ゆかりの地を巡る歴史の旅に、松浦の海の幸、山の幸も楽しめ、さらに豊かな自然の風景に癒されます。平成21年4月に「鷹島肥前大橋」が開通し、そこからの眺めも魅力の一つです。
  • 親子で楽しめる公園で郷土の偉人を知る 2012年10月18日
    親子で楽しめる公園で郷土の偉人を知る
    深澤儀太夫が捕鯨で巨万の富を得て、惜しげもなく私財を投じて築いた人造湖である野岳湖。湖の周囲は親子で楽しめる公園として整備され、山間の憩いのスポットとなっています。近くにはスイーツのお店等もあり、ドライブコースとして楽しめます。
  • 五島の教会を訪ねて 2012年10月18日
    五島の教会を訪ねて
    五島の奈留島にあります「江上天主堂」を訪れました。外観は、白い壁とブルーの窓の木造の教会で、多くの教会の建築に携わった上五島出身の鉄川与助さんの完成度の高い代表的な作品として、国の文化財に指定されています。キリシタンの思いを感じ、そして周囲の景観に融けこむ教会堂が醸し出している癒しの雰囲気や空間にやすらぎを求めて、ぜひ訪れてもらいたい教会の一つです。
  • 日本の国際通信史を学ぶ 2012年10月16日
    日本の国際通信史を学ぶ
    日本の国際通信は、明治4年(1871年)にデンマークの大北電信によって敷設された長崎・上海間と長崎・ウラジオストック間を結ぶ海底ケーブルによって始まりました。史料館の建物は、明治の洋風建築技法による赤煉瓦造りの建物で、この貴重な建物を活かし、海底線事業の変遷を伝える資料等が展示されています。海底ケーブルに関する日本で唯一ともいえる史料館で日本の国際通信史を学びました。なお、史料館の見学は事前予約制です。
  • 遣唐使ゆかりの地へ 2012年10月16日
    遣唐使ゆかりの地へ
    大海原を仰ぎ、遣唐使たちは日本最後の地・五島から大陸を目指し旅立ちました。さまざまな思いを胸に秘めた遣唐使一行を偲び、空海記念碑「辞本涯」や岩嶽神社、ふぜん河、遣唐使ふるさと館などを廻り、遣唐使ゆかりの地とされる三井楽を訪れました。五島の豊かな自然がもたらす海の幸や山の幸、さまざまな特産品なども楽しめました。
  • 軍艦島上陸クルーズ 2012年10月16日
    軍艦島上陸クルーズ
     端島(軍艦島)へ行ってきました。  どうして”きれい”とは言えない廃墟がこれほど人を惹きつけるのか・・・ことばはうまく見つかりませんが、どこを見ても胸に迫る風景でした。  写真は、レンガ造りの総合事務所。炭鉱マンのための大きな共同浴場があったそうです。 その上部に見える長方形の建物は貯水槽。高台にあったんですね。
  • これはびっくり!でっかいメガネを発見。 2012年10月16日
    これはびっくり!でっかいメガネを発見。
     佐世保市に奇岩があると聞いてやってきました。なんと、なんとっ!! これは鬼のメガネ?!大きな穴が二つ開いた、まるでメガネのような岩がありました。高さは10メートルはあるかなぁ。  どうしてこんなところにって思ったら、むかーしむかしはこのあたりは海だったらしく、波によってできた海食洞穴だそうです。  そのかたちのとおり眼鏡岩とよばれているんだって。
  • 長崎街道を歩く 2012年10月12日
    長崎街道を歩く
    厳しい暑さも和らぎ、ウォーキングや文化財巡りに適した季節になってきました。人が行き交い、物が運ばれ、文化が交流した歴史の道「長崎街道」。文化庁の「歴史の道百選」にも選ばれた井樋ノ尾峠を歩いてみました。のどかな自然の風景が広がり、街道沿いの史跡なども数多くウォーキングには適したコースだと思いました。
  • 俊寛僧都墓碑 2012年01月18日
    俊寛僧都墓碑
    平氏打倒の密議が露見して流された俊寛僧都の墓碑。江戸時代中期ごろにはすでに「俊寛が流された地」として認知されていたようです。 この他にも俊寛がねぐらにした岩窟や、一緒に流された藤原成経の草庵跡があります。 事の真偽はともかく、大河ドラマ「平清盛」にあわせてもっと宣伝したらどうでしょう。
  • 島原の坂本龍馬像 2011年04月26日
    島原の坂本龍馬像
     ニュースで見ていた島原の坂本龍馬像にようやく会えました!  この龍馬像が、サッカーをはじめスポーツをする子どもたちに夢を与えることでしょう。平成新山をバックに記念写真を撮ってきました。