みんなでつくる「たびなが」

ホーム   >  みんなでつくる「たびなが」  >   

蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて

蒙古襲来 神風の島 鷹島を訪ねて

発見

☆☆☆☆☆

元寇(弘安の役)終焉の地、鷹島。海底遺跡として日本で初めて国の史跡に指定されました。調査研究により謎に包まれた元寇の実態が徐々に解明され、全国的に注目を集めております。鷹島歴史民俗資料館では、長年の調査研究で発見された貴重な元寇の海底遺物などが展示されています。併設する埋蔵文化財センターも見学でき、長い間海底に沈んでいた貴重な遺物の保存処理の過程もみることができます。写真はこの資料館付近の山手から鷹島海底遺跡のほうを眺めたものです。松浦は日本有数のアジ・サバの水揚げを誇り、養殖トラフグの生産量は日本一を誇るのだそうです。元寇ゆかりの地を巡る歴史の旅に、松浦の海の幸、山の幸も楽しめ、さらに豊かな自然の風景に癒されます。平成21年4月に「鷹島肥前大橋」が開通し、そこからの眺めも魅力の一つです。

旅した場所: 鷹島歴史民俗資料館など(松浦市鷹島町)
旅した日: 2012年6月20日

アンケート

コメント