みんなでつくる「たびなが」

ホーム   >  みんなでつくる「たびなが」  >   

二十六聖人の道を歩く

二十六聖人の道を歩く

発見

☆☆☆☆☆

時津街道は、長崎街道の脇街道として古くから盛んに利用され、二十六聖人が歩いた道でもありました。 平成24年12月15日(土)に開催された「ながさきクリスマスウォーク」に参加し、時津港から西坂公園までの12kmを歩きました。 街道沿いには多くの文化財などがみられます。時津の茶屋は、宿場の本陣に当たる大村藩直営の施設です。寛永10年(1633)に建てられ、その後改築されているものの、昔の面影が残っているのは大変貴重だと思います。

旅した場所: 時津の茶屋(西彼杵郡時津町)
旅した日: 2012年12月15日

アンケート

コメント