みんなでつくる「たびなが」

ホーム   >  みんなでつくる「たびなが」  >   

三浦按針(ウィリアム・アダムス)の足跡をたどる

三浦按針(ウィリアム・アダムス)の足跡をたどる

発見

☆☆☆☆

 三浦按針(ウィリアム・アダムス)は、1600年にリーフデ号で日本へ漂着し、徳川家康に外交顧問に取り立てられました。平戸英国商館の創設にも尽力し、今年(2013年)は、平戸英国商館設置400周年で、「平戸さるく」が行われていました。  三浦按針は、平戸英国商館退職後、平戸の地で亡くなり、「三浦按針の墓」碑がありました。  平戸は、日本で最初の海外貿易港として栄え、出島に先駆け西洋の窓口だったことがわかりました。 

旅した場所: 平戸市
旅した日: 2013年5月25日

アンケート

コメント