長崎学Web学会

ホーム > 長崎学Web学会 > 高低差に見る江戸時代の痕跡

高低差に見る江戸時代の痕跡

長崎の街の高低差をあるく その2

★桜町から県庁まで★
<12番>急な坂道。左下に電車通りを見ながら、公会堂方面に下る坂の途中から右折。左に勤労福祉会館があるところが、かつての町使屋敷があった場所。

<13番>
坂道。

<14番>
かさ上げされて、緩やかな坂道となっているが、一部、進行方向と平行に階段が設けられ、「休石」が残っている。二の堀があったところで、今はそこに溝がある。

<15番>
坂道。

<16番>
巌流坂。長州藩と小倉藩の大名屋敷が、この坂を挟んであったためについた名前だという。現在の自治会館が長州藩蔵屋敷跡。
今下町共用井
<17番>
階段はなく、今は車の通りの多いところ坂になっている。かつての一の堀(堀町)につながる通りである。

<18番>
天満坂。今も石段が残る。深堀騒動の発端となった事件の場所として有名。このあたり、高い石垣がよく残っており、丘の上と下の高低差を実感できる。地図上の標高差でも7mはある。「惣町絵図」ではこのがけの下にも井戸が点々と記されているが、その1つが今も残っている(右写真)。

築町井戸のポンプ
<19番>
急な坂道で、かつては階段であっただろうことは容易に予想がつく。左折すると鉄橋につながる。この角にも井戸が残っており、昭和の手押しポンプもしつらえたまま。上水としてではないが、現役として使われている(左写真)。
<20番>ピンコロ坂。江戸町商店街。下りながら途中右折すると、蔵番長屋があった背後の石垣が駐車場の奥に見える。
 



「惣町絵図」樺島町井戸
★階段として残るのは3つ★
 今も、江戸時代と同じように階段が残るのは3つのみ。中でもそのままの姿を残しているのは天満坂(けんか坂)のみである。明治31(1898)年の「長崎人力車賃銭図」では10箇所が階段で残されているから、幕末から明治にかけて、馬車や人力車が通れるように約半分が階段から坂道に改修されたようだ。残り7つが、その後、自動車が通れるように改修された結果ということだろうか。
 
★共用井戸の列★
 「惣町絵図」では、崖下に共用井戸が列をなすように描かれている。平戸町と樺島町を分ける崖の上の平戸町側にも井戸が見えるように、一部は崖の上にも設置されていたが、大半は崖下に見える(右絵図)。




本五島町絵図に描かれた井戸(右側石垣下)「惣町絵図」では屋敷地内の井戸は描かれていないが、当然ながら屋敷内にも井戸がしつらえられている(「万才町遺跡」等の発掘調査報告書を参照)。また、「惣町絵図」では本五島町となる崖下(石垣下)には、井戸は描かれていないが、「水番」と記されており、道沿いに溝も描かれているので、やはり共用井戸があったと見るべきでしょう。

別の絵図(天保5(1834)年の「本五島町絵図」)を見ると、点々と井戸が描かれている(左絵図)。
なお、この絵図では、左側が本五島町で、右端の石垣の下に井戸と溝が見える。右の階段は7番の階段。


今回、歩いた崖(石垣)下すぐの場所には、丘の北側も南側も同じく点々と列をなして共用井戸が設置され、その前には溝が通っていたのである。
 
本通りを隔てて1つの町を形成する両側町の場合は背割り溝があり、中に井戸を設置することができたが、崖で隔てられた片側町の場合は崖下が井戸と溝の設置場所となっていた。

江戸時代は、この道ばたで、町の人たちの文字通り井戸端会議が毎日のようにあり、賑わっていたことだろう。

★余談・・・・・崖の石垣はいつ?★「寛永長崎港図」(横瀬浦町部分)
「寛永長崎港図」(長崎歴史文化博物館蔵)は寛永年間(1624-1643)の町の様子を復元しようとして、寛文(16611672)〜元禄年間(16881704)以降に描かれたという。この絵図では、崖の様子は、岸壁の石垣とは違う描き方で、石垣はなく、単に突き固めただけの土手のように見える(右画像)。








「寛文長崎図屏風」部分しかし、寛文年間(
16611672)の様子を描いたと思われる「寛文長崎図屏風」(左絵図)では石垣がはっきりと描かれている





寛永から寛文の間に石垣が築かれたということだろうか。寛永年間といえば、丘の上に最初の町ができて、すでに
50年ほどが過ぎており、その頃までに、これだけの高低差がある崖に石垣が築かれていないというのは、ちょっと考えにくい気もするのだが・・・。

 
今回は、長崎歴文化博物館に収蔵されている絵図類なども参考に、崖の上と下の境界を歩いてみた。ゆっくり溝や石垣などを見ながら歩いても1時間あれば帰って来ることができる。片側だけでもいい。高低差を意識しながら、江戸時代の町の様子を想像しながら、歩いてみるのも楽しい。
 
【長崎県文化振興課 山口保彦】


アンケート

コメント