注目トピックス

ホーム > 注目トピックス > 【新刊案内】旅する長崎学17 海の道 【中国交流編】近代友好への道

【新刊案内】旅する長崎学17 海の道 【中国交流編】近代友好への道

2011年11月29日

 長崎県には、全国や世界に誇ることができる素晴らしい歴史文化遺産がいっぱい!その魅力を歴史ストーリーの中に際立たせるガイドブック『旅する長崎学』の新刊が発売されました。好評発売中の「海の道」シリーズの第7号では、近代における長崎と中国の交流の歴史にスポットをあてます。

1.書 籍 名:
『旅する長崎学17』海の道察效羚餮鯲編】近代友好への道〜長崎と中国のかたい絆 先駆けて築いた友情のDNA〜

2.形  態:
A5判 本編64頁 オールカラー

3.価  格:
600円(税込み)

4.発行の趣旨:
 長崎県と中国の交流の歴史は深く、現在もその足跡や影響を生活や文化のなかに感じることができます。今年から来年にかけて、日本と中国は辛亥革命100年や日中国交正常化40年の節目にあたります。また、全国に先駆けて中国との友好交流に取り組んできた長崎県にとっても、長崎県・上海市友好交流関係樹立15周年、長崎県・福建省友好県省締結30周年の記念年を迎えるとともに、この10月10日には湖北省とも友好交流関係同意書を締結したところです。特に、特別企画展「孫文・梅屋庄吉と長崎」開催(長崎歴史文化博物館にて開催中)や長崎〜上海航路の復活就航(11月3日に記念便運航)などによって、新たな交流展開が促進されるものと期待されています。こうしたなかで、長崎県と中国の近代における交流の歴史にスポットをあててみました。


※詳しくは、下記の「関連ページ」をご覧ください。

関連ページへ


アンケート

コメント