注目トピックス

ホーム > 注目トピックス > 【新刊案内】『旅する長崎学19』歴史の道供‥膰恭稿札Εーキング

【新刊案内】『旅する長崎学19』歴史の道供‥膰恭稿札Εーキング

2012年04月20日

 平成18年に創刊し、本県の世界遺産候補である「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」及び「九州・山口の近代化産業遺産群」を紹介した『キリシタン文化編』『近代化ものがたり編』に続き、本県のしまの魅力や中国との交流の歴史をクローズアップし紹介する『海の道編』を発刊中ですが、このたび『歴史の道編』(第2号)となる「島原街道ウォーキング」が一般発売されました。

■書籍名:『旅する長崎学19』歴史の道供‥膰恭稿札Εーキング
■形 態:A5判 本編64頁 オールカラー
■価 格:600円(税込み)
■内 容:
 “街道”という歴史の道をベースに、魅力発見の歩く旅へと誘うシリーズです。県内各地の地理的条件と歴史的あゆみを背景に育まれてきた、文化、自然、伝統芸能や祭り、工芸、食など多彩な魅力を発見しながら、地域の特色を五感で楽しむためのガイド本です。
 第2号では、島原街道、千々石道、温泉道を歩きます。

※詳しくは、下記の「関連ページ」をご覧ください。

関連ページへ


アンケート

コメント