注目トピックス

ホーム > 注目トピックス > 終了 【京都】旅する長崎学講座「隠元禅師渡来と黄檗文化−長崎から京都へ−」〔in京都文化博物館〕

終了 【京都】旅する長崎学講座「隠元禅師渡来と黄檗文化−長崎から京都へ−」〔in京都文化博物館〕

2012年06月18日

 来たる7月22日(日)に、京都文化博物館において「旅する長崎学講座」を開催します。
 今年は長崎県・福建省友好県省締結30周年および日中国交正常化40周年の節目にあたり、長崎〜上海航路も2月末から本格的な運航が始まったことから、これらを契機としたさらなる本県と中国との交流の拡大に向けた取組を展開しようとしています。
 こうしたなか、長崎県と中国との交流の歴史に着目し、今回のテーマは「隠元禅師渡来と黄檗文化」です。
 鎖国の時代においても海外との交流が許された異国文化あふれる長崎。現在も長崎は、中国色あふれる多彩な文化が街並みや暮らしの中に根づいています。
 江戸時代初めに中国から長崎に渡来してきた隠元禅師。黄檗宗とともに「最新の中国文化」を長崎から京都、そして日本へ伝え、衝撃的な影響を与えました。
 それらは、正月の風習や建築、彫刻、書画、茶道、料理など現代社会で暮らす我々の習慣や風俗に今でも影響を与え続けています。
 今回は、日本に中国文化の受容基盤を築きあげた隠元禅師と黄檗にスポットをあてます。(要事前申込)

【日時】平成24年7月22日(日)14:00〜16:30 ※開場13:00
*13:30から長崎県の魅力を映像にてご紹介します。どうぞお早めにお越しください。

【場所】京都文化博物館 別館ホール(京都市中京区三条高倉)

【参加料】無料(要事前申込。定員200名・先着順)

【申込先】長崎県大阪事務所
     電話06−6341−0012 又は メール s01230@pref.nagasaki.lg.jp

      *代表者のお名前・電話番号と参加人数をお知らせください。
       受付番号を交付します。

【内 容】
 ■プロローグ■ 13:30〜
  ○長崎県の魅力を映像にてご紹介
 
 ■第1部■ 14:00〜
  ○講演:隠元さんの贈りもの〜黄檗宗・黄檗文化が日本に与えた影響〜
       [田中智誠 和尚(黄檗宗大本山 萬福寺文華殿主管
                黄檗文化研究所 副所長兼事務局長)]
  ○お話:江戸時代の長崎における日中交流〜唐人さんがやってきた〜
       [松尾法道 住職(東明山 興福寺)]
       [本馬貞夫 氏(旅する長崎学アドバイザー、元県立長崎図書館副館長)]
  ○対談:中国から長崎・京都そして日本
       [田中智誠 和尚×松尾法道 住職×本馬貞夫 氏]

 ■第2部■ 16:00〜
  ○演奏:二胡演奏 −二胡が奏でる中国色あふれる長崎−
       [季 文馨(Sissi ji)氏 ]


アンケート

コメント