注目トピックス

ホーム > 注目トピックス > UBrainTV JAPAN インタビュー 孫文を支えた男 梅屋庄吉シリーズ

UBrainTV JAPAN インタビュー 孫文を支えた男 梅屋庄吉シリーズ

2015年07月10日

若者への提言 梅屋庄吉の生き方に学ぶアジアの未来

当館顧問、日比谷松本楼副社長の小坂文乃氏が、孫文の活動を支え続けた曽祖父・梅屋庄吉のアジア平和への思い、日中関係等の歴史を学んで未来を考えることの大切さについて語られました。
   
UBrainTV JAPAN 
→ http://www.ubraintv-jp.com/watch.php?id=367

梅屋庄吉(1868※-1934)。長崎出身の実業家。辛亥革命の指導者として知られる孫文(1866-1925)を妻・トクとともに物心両面で生涯にわたり支え続けた篤志家・活動家。
フィリピン独立運動の支援も行った。一般には、日本映画界草創期における日活創業者の一人、映画人として知られる。
孫文没後も、その遺志を継ぎ、孫文銅像4基を中国各地に建立したほか、晩年には、険悪化する日中関係に心を砕き、病を押して当時の広田弘毅外相に関係改善を訴えるなど奔走したが、昭和9年(1934)満65歳で他界した。

関連ページへ


アンケート

コメント