注目トピックス

ホーム > 注目トピックス > (終了)日韓国交正常化50周年記念事業 「朝鮮通信使 〜釜山、対馬そして長崎〜」セミナーの開催について

(終了)日韓国交正常化50周年記念事業 「朝鮮通信使 〜釜山、対馬そして長崎〜」セミナーの開催について

2015年10月06日

本県では、釜山文化財団とNPO法人朝鮮通信使縁地連絡協議会の取り組みを支援しており、昨年度は長崎市にて「朝鮮通信使」の歴史等をご紹介するシンポジウムを開催しました。
今回は釜山市民の方々へ「朝鮮通信使」の歴史や記憶遺産への取組をご紹介すると共に、韓国と関係が深い長崎県の歴史・文化についても知っていただくためセミナーを下記のとおり開催したします。

●開催日時・場所
 平成27年11月2日(月) 14時〜17時  

●開催場所
 釜慶(プギョン)大学未来館 ソミンホール

●セミナー内容
第一部 朝鮮通信使の意義・記憶遺産登録への取組
ヾ霙換岷蕁40分) タイトル:朝鮮通信使の意義と世界記憶遺産登録をめぐって
 講演者:仲尾 宏(朝鮮通信使日本学術委員会委員長)
 内 容:朝鮮通信使の果たした役割と歴史的意義の紹介
基調講演(40分) タイトル:ユネスコ記憶遺産登録への取組について
 講演者:姜 南 周(朝鮮通信使韓国学術委員会委員長)
 内 容:韓日両国の記憶遺産登録活動の取組の紹介
B生殀簣(15分)
 演奏者:佐須響心会(対馬市)
第二部 長崎県との交流の歴史
ぅ僖優襯妊スカッション(60分)
 テーマ:朝鮮通信使の遺産を長崎で有効に活用していくための方策について
 コーディネーター:本馬貞夫(長崎県長崎学アドバイザー)
 パネリスト(5名)
 日本側:仲尾 宏(朝鮮通信使日本学術委員会委員長)
     小島武博(朝鮮通信使対馬顕彰事業会会長・元対馬市文化財課長)
 韓国側:姜 大 敏(慶星大学 教授・朝鮮通信使韓国学術委員会委員)
     韓 泰 文(釜山大学 教授・朝鮮通信使韓国学術委員会委員)
     朴 花 珍(釜慶大学 教授・朝鮮通信使韓国学術委員会委員)


アンケート

コメント